自己理解のためにはどうすればいいの?

転職準備
この記事は約4分で読めます。
Sponsored Links

就職成功の秘訣として、己を知るということが第一です。ですが、自分のことを知ることは難しいですよね。そのためにどうすればいいでしょうか?

Sponsored Links

自分が知っている自分

自分が知っている自分

 

自己理解を自分だけで100%完了するのは無理だと思います。

自分が知っている自分については比較的容易に分析可能だと思います。

 

以下の2つに分けることができますね。

 

他人も知っている自分

 

書類選考や面接でアピールしやすいのは、自他ともに認識されている部分だと思います。

この部分の面積を増やすことができれば、有利に戦うことができます。

 

キャリアの棚卸しでこの部分が多く出てくれば、あなたの強みもわかります。

自己分析、キャリアの棚卸しを地道に行うのが、結局は近道です。

 

転職活動に楽する道は残念ながらないのです。

転職の準備期間で手を抜くと後で苦しくなります。

 

ここは踏んばりどころですので、がんばりましょう。

 

自分だけが知っている自分

 

他人に隠している自分が存在するのも事実です。

あなたが欠点だと自覚しているがゆえに隠そうとすると転職活動ではうまくいかない場合があります。

 

全て自己開示すべきだとは思いませんが、面接でウソをついているような印象を与えます。

できるだけこの部分は失くしていくように努力していきましょう。

 

 

自分の知らない自分

 

 

自分の知らない自分は他人が評価している部分でもあります。

この部分を知らないと実にもったいないです。

 

どうすれば良いのでしょうか?

 

他人が知っている自分

 

あなたは自覚せずとも、他人はあなたの特徴としてとらえている部分です。

ポジティブな部分もネガティブな部分もありますが、転職成功に結び付けるなら、少なくとも前者は認識しておくべきです。

 

第三者と言って誰を思い出しますか?

親御さんや友人、恋人でもいいでしょう。

 

パーソナリティな部分ではよくご存知なので聞いてみるのも良いと思います。

ただ仕事面では同じ会社で働いていない限りはわからないでしょう。

 

それに彼ら彼女らは転職のプロではありません。

仕事面を分析してもらうのでしたら、もっと良い方法があります。

 

それは転職エージェントを使うことです。

エージェントはあなたの職務経歴から隠されている才能を引き出すことを得意としています。

 

 

転職エージェントとは「紹介業」です。

あなたと企業の橋渡しをする役目を果たすのです。

 

企業は常に良い人材を探していますが、応募してくる人はそうとは限りません。

企業としても良い人材を推薦してくれるところが欲しいのです。

 

それが転職エージェントです。

転職を希望しているあなたから見ると、様々な企業が人材を欲しがっているわけです。

 

ハローワークなどの転職方法に比べると、求人の質も良く内定率も高いです。

転職エージェントは企業の目線でみますので、あなたの良い部分悪い部分を踏まえて、相応しい求人を紹介してくれます。

 

このプロセスこそがエージェントがあなたを理解していることなのです。

転職エージェントとしても、無責任に企業に紹介することはできないからです。

 


【リクルートエージェント】

 

他人も知らない自分

 

表に出てこないあなたです。

無意識な可能性を秘めていますが、これについては転職サイトリクナビNEXTなどでどのような可能性があるかなどの心理テストをよくやっています。

 

あなたが全く意識していない領域の能力ですので、受けてみることも大事です。

 


リクナビNEXT

 

 

自己理解のためにはどうすればいいの?

自己理解のためにはどうすればいいの?

 

自己理解はとても難しいですね。

ポイントだけをもう一度まとめます。

 

✅自他共に認める自分については、アピールポイントとなるので、キャリアの棚卸しを行うことでこの項目を増やしましょう。

✅あなたが知らない自分については、転職エージェントを使うことで強みを知りましょう。

 

【おすすめ】初めての転職で登録したい転職エージェント11社を厳選
転職活動を行う上で転職エージェント、転職サイトなどの転職媒体を上手く選択することは転職経験がない方には難しいと思います。転職エージェントの特徴はコンサルタントという人を介することです。しかし、それだけではなく転職エージェントの保有している求人などにも特徴があるのも事実です。転職経験が3回ある筆者は転職活動で数十社の転職エージェントを使ってきました。また採用担当者としても、数社の転職エージェントと契約を結んで求人を依頼した経験もあります。ここでは使ってみて良かった転職エージェントを厳選してご紹介しますので、転職活動の参考にしてくださいね。

 

トップへ戻る

Sponsored Links
タイトルとURLをコピーしました