【おすすめ】初めての転職で登録したい転職エージェント11社を厳選

転職エージェント
この記事は約14分で読めます。
Sponsored Links

転職活動を行う上で転職エージェント、転職サイトなどの転職媒体を上手く選択することは転職経験がない方には難しいと思います。転職エージェントの特徴はコンサルタントという人を介することです。しかし、それだけではなく転職エージェントの保有している求人などにも特徴があるのも事実です。転職経験が3回ある筆者は転職活動で数十社の転職エージェントを使ってきました。また採用担当者としても、数社の転職エージェントと契約を結んで求人を依頼した経験もあります。ここでは使ってみて良かった転職エージェントを11社厳選してご紹介しますので、転職活動の参考にしてくださいね。

Sponsored Links

【リクルートエージェント】

 

言うまでもなく業界最大手の転職エージェントです。

今でも求人数は増え続けていますが、非公開求人だけでも20万件という他社を圧倒するものです。

 

転職エージェントの価値はコンサルタントの質と求人数です。

【リクルートエージェント】は求人数が圧倒的ですから、それだけでも使う価値はありますが、使ってみて良い点だと思ったこととしては、さらに以下の点が挙げられます。

 

  • 毎日のように求人紹介してくれるのはリクルートエージェントだけである。
  • 幅広い業種・職種・年齢層の求人を扱っている。
  • 各人のパーソナルデスクトップ(PDT)から求人検索や応募が可能である。
  • 履歴書・職務経歴書もPDTでメンテナンスするので、求人管理が楽である。
  • 面接講座などの動画もPDTから視聴可能なので、面接練習が自宅でもできる。
  • 求人応募完了、書類選考結果の連絡もシステマチックでスムーズである。

 

逆に気になる点としては、コンサルタントとのやりとりがやや事務的に感じられることです。

リクルートエージェントは求人紹介してもらうために使うと割り切った方が良いかもしれません。

 

登録しておいて損はない転職エージェントの一つです。

 


【リクルートエージェント】

 

 

【doda】

 

【doda】は業界第2位の転職エージェントです。

転職サイトとしても使えるため、とても便利です。

 

確かに転職サイトからも手軽に応募は出来ます。

しかし直接応募ですので、履歴書・職務経歴書が相当応募先に響かないと面接に呼ばれないで終わる可能性もあります。

 

それであれば転職エージェントを経由して、あなたを推薦してもらう方がずっと良いと思いませんか?

転職サイトで見つけた求人を転職エージェント経由で応募することこそが、【doda】の上手な利用法と言えるでしょう。

 

履歴書・職務経歴書も一元管理出来ますし、求人進捗状況もウェブサイト上から一目でわかります。

最低でも3社は使うことをおすすめしますが、【doda】もリクルートエージェントと並んで転職初心者向けの転職エージェントです。

 

最初の面談がとてもフレンドリーで緊張せずに話せます。

あなたの自己PRができるような雰囲気を作ってくれるのでありがたかったです。

 

転職するか迷っている場合でも転職エージェントでキャリア相談することであなたの悩みが解決されるかもしれませんよ。

 


【doda】

 

 

【パソナキャリア】

 

転職エージェントは分業体制をとっているところが大手では多いのですが、【パソナキャリア】一気通貫体制で転職支援をしている数少ない転職エージェントです。

分業体制は求人獲得をする営業担当と求職者のアドバイスをする担当とで業務分担しているということです。

 

 

【リクルートエージェント】【doda】などの大手は分業体制をとっています。

一方、【パソナキャリア】は求人獲得する営業から求職者のサポートを一人のコンサルタントが担当しています。

 

 

この一気通貫体制のメリットは言うまでもなく、営業も兼ねているので求人について詳しく知っていることと、相手の企業と直接コミュニケーションが取れるため、給料交渉などで有利であることです。

さらに応募する際に「あのコンサルタントが推薦するのだから」と企業が信頼している場合は、かなりの確率で書類選考を通過できます。

 

デメリットとしては営業も行うため、かなりコンサルタントは忙しいということです。

相談する際はスケジュールの調整が必要になります。

メールで事前に候補日をいくつか挙げておけば良いので、さほど大変ではありません。

 

一気通貫体制の転職エージェントは少なくとも1社は登録しておいて損はないです。

分業体制の転職エージェントはキャリア相談が一気通貫体制のそれよりは綿密です。

 

双方を使うことでメリット・デメリットを補完しあいましょう。

 

【パソナキャリア】を上手く利用することで、求人情報をヒアリングすることができますので、内定への近道となります

他社と並行しての利用は問題ありませんので、出来るだけ早めに利用したい転職エージェントです。

 


【パソナキャリア】

 

 

JAC Recruitment

 

JAC Recruitmentは外資系企業の求人に強く、職種では管理職・専門職のようなハイクラス求人に強い業界第3位の転職エージェントです。

コンサルタントの質は特に高く、あなたの職務経歴をヒアリングした後に紹介される求人に的外れなものはほとんどないと言えます。

 

大手の転職エージェントであってもコンサルタントの中にはあなたの職務経歴がきちんと理解できず、紹介される求人のマッチング精度がいまいちの人がいるのも事実です。

人材業界の離職率が高いので、新人のコンサルタントが担当になる場合に満足できない対応をされるかもしれません。

そんな時は遠慮せずに担当者を変更してもらいましょう。

 

JAC Recruitmentの場合はベテランのコンサルタントぞろいで業界に精通していますから、そのようなことはありません。

年齢が35歳以上の方であってもスキルさえあれば、登録を断られることはありませんし、私はこの転職エージェントを使って人材紹介してもらう立場でしたが、内定率はとても高かったです。

 

私の会社では部長クラスの方を採用することが多かったですね。

推薦してくれる候補者に当たり外れがなく、安心して書類選考、面接をすることができました。

JAC Recruitment経由で書類選考を通過すれば、かなりの確率で内定獲得できると思います。

 

他の転職エージェントに比べると登録のハードルが高いので、そこを通過すれば優良企業のハイクラスな求人を紹介してもらえます。

スキルに自信のある方はぜひ使ってみてください。

 

業界3位ということもあり、登録して損はない転職エージェントの一つです。

 


JAC Recruitment

 

 

マイナビジョブ20's

 

マイナビジョブ20's20代に特化した転職エージェントです。

第二新卒の方には特におすすめです。

 

マイナビグループの転職エージェント全体に言えることですが、企業とのネットワークが強いので求人票に書かれていないことでも情報を得ています。

あなたが求人に応募するとき、仕事内容の詳細や会社の雰囲気、どんな人が実際に働いているのか?そして組織構成はどうなっているのか?など気になることは多いのではないでしょうか?

 

マイナビジョブ20'sを使えば、事前に情報収集することが可能ですし、面接対策もぐっと有利になります。

ただしエリア面では全国をカバーしきれていません。

 

特に強い都道府県は一都三県・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀です。

それ以外のエリアの方はリクルートエージェントやdodaを使った方が良いかもしれません。

 

マイナビジョブ20'sとマイナビエージェントとの違いはエリア面では関東圏・関西圏、年齢も20代〜30代とともに広くなります。

扱う求人数はマイナビジョブ20'sは量より質の傾向があり、マイナビエージェントは豊富に求人を保有しています。

 

同じマイナビグループでも目的に応じて使いわけるのが良いと思います。

リクルートエージェントに負けまいと今一番勢いのある転職エージェントです。

 


マイナビジョブ20's

 

 

マイナビエージェント

 

マイナビエージェントは新卒領域ではリクルートを抜いてトップになった転職エージェントです。

中途採用領域でもリクルートに追いつき追い越せの勢いがあります。

 

コンサルタントの評判もとてもよく、履歴書・職務経歴書を丁寧に添削してくれたり、キャリア相談も懇切丁寧なスタッフが多数在籍しています。

マイナビジョブ20'sに比べると求人数も多く、エリアは首都圏・関西圏、年齢層は20代~30代までは十分にサポート対象です。

 

第二新卒の方はマイナビジョブ20'sと併用することでなお一層の効果が見込まれます。

リクルートエージェントの手数料が高いため、中小企業を中心とした求人はマイナビエージェントが保有しつつあります。

首都圏・関西圏在住で30代までの方は、ぜひとも登録しておきたい転職エージェントです。

 


マイナビエージェント

 

 

レバテックキャリア

 

レバテックキャリアはITエンジニア向けの特化型転職エージェントです。

【リクルートエージェント】【doda】のような総合型転職エージェントは幅広い求人を数多く保有しているのに対して、特化型転職エージェントはある特定の業界や職種、年齢層にターゲットを絞っています。

 

レバテックキャリアはITエンジニア向けの転職エージェントです。

 

コンサルタントは業界経験が豊富で技術に精通していますので、専門用語が通じなくて困るということはありません。

 

エンジニア同士の会話が成立するので、あなたの職務経歴にマッチングした求人が紹介されます。

中堅の転職エージェントですので、リクルートエージェントのように毎日求人紹介があるわけではないです。

 

レバテックキャリアは求人の質は高いですが、紹介頻度は高くないです。

求人数が豊富な転職エージェントである【リクルートエージェント】などを併用することで、この転職エージェントのデメリットを補う工夫が必要です。

 

コンサルタントの質が高いということは、求人紹介された場合はマッチングの度合いが相当であると認識しましょう。

応募しないのはとてももったいないです。

 

少ないチャンスでも応募すれば内定率は高いのですからね。

 


レバテックキャリア

 

 

WORKPORT

 

WORKPORTは最初はIT特化型転職エージェントとして転職支援サービスをスタートしています。

現在は領域を広げて総合型転職エージェントとして頑張っていますが、IT系求人に強いことは言うまでもありません。

 

これからはITエンジニアが不足する時代ですので、たとえ未経験であったとしてもプログラマーを目指すことも決して間違いではありません。

これからはどんな職業がなくなって、どんな新たな職業が生まれるかわからないのです。

 

しかしITエンジニアに関しては仕事が増え続けることでしょう。

事実2019年11月の有効求人倍率は圧倒的にIT系が高く、何と7.85倍となっています。

一人の求職者に対して、8件近くあるということで、人手不足がわかりますね。

 

このような背景から今であれば、未経験からの転職も十分可能です。

WORKPORTは未経験からの転職も強いことで有名です。

もちろんIT系については今までの取引先企業との信頼関係がありますので、とても強いです。

 

転職求人倍率【doda作成】

 

WORKPORT【リクルートエージェント】に近く応募までの手続きがシステマティックです。

手作り感が強いレバテックキャリアとは対照的と言えます。

 

これについては好き嫌いがあるでしょうから、実際に使ってみるのが一番だと思います。

転職エージェントは本当に実際に使わないとわかりません。

第三者の評判を気にするよりは有名どころはとりあえず使ってみるのが大切だと思いますよ。

 


WORKPORT

 

 

type転職エージェント

 

type転職エージェントはあまり知名度はありませんが、【リクルートエージェント】【doda】とともに老舗の転職エージェントです。

コンサルタントの質が良く、アドバイスがとても丁寧なのが特徴です。

 

初めての転職の方はさまざまな悩みが出てくるでしょう。

しかしハローワークの相談員では解決できないことも多く、困っている方は多いのではないでしょうか?

 

type転職エージェントのデメリットとしては求人数があまり多くないということが挙げられます(全国で12000件程度)。

リクルートエージェントが非公開求人数だけで20万件を超えているのにくらべると見劣りするのは確かです。

 

求人エリアも殆どが首都圏のものになっています。

地方在住の方は【リクルートエージェント】などの大手転職エージェントを使った方が良いでしょう。

 

 

しかしこの転職エージェントは一人のコンサルタントが担当する求職者数が少ないため、きめ細やかなアドバイスが可能なのです。

【リクルートエージェント】【doda】には求人数が豊富であるというメリットがありますが、type転職エージェントにはきめ細かなサポートというメリットがあります。

 

どちらも両立することは転職エージェントもビジネスですから難しいのです。

各々の特徴を把握した上で複数社使うのが正しく賢い使い方と言えます。

 

一都三県在住の方であれば、キャリア相談のために使うことをおすすめします。

求人数は少ないですので、ここでは転職活動のさまざまなアドバイスをもらえばよいのです。

 

転職エージェントは上手く利用するものです。

コンサルタントに使われるなら利用しないほうがましです。

 


type転職エージェント

 

 

ランスタッド

 

ランスタッドは世界的には有名な人材ビジネスを展開している会社です。

日本では過小評価されていると個人的には思っています。

 

もちろん外資系求人が中心となりますので、日系企業に転職したい人が多い限りはこの転職エージェントの日本における位置づけは変わらないかもしれません。

逆に言えば、外資系企業志向で1000万円程度の年収では満足できない方にはとても向くと思います。

 

外資らしく対応もドライですので、内定辞退してもごり押しするコンサルタントは皆無です。

求人数も外資系求人が柱ですので、物足りなさを感じます。

 

メインで使うのはおすすめしませんが、同じ外資系に強いJAC Recruitmentと併用すれば、希望する転職先が見つかるのではないでしょうか?

ごり押しのコンサルタントが苦手の方にはおすすめできる転職エージェントです。

 


ランスタッド

 

 

キャリコネ

 

転職エージェントからの応募にせよ、求人についての調査を怠ると痛い目を見るのは結局はあなたです。

応募前の口コミのチェックは今では必須と言ってもよいでしょう。

転職エージェントではありませんが、キャリコネは登録してとても役に立ちましたので掲載させていただきます。

 

転職エージェントから求人紹介されたら、すぐにスマホでキャリコネの口コミを確認すれば時間はそんなにかかりません。

さらに求人票に書かれている給料ほどあてにならないものはありません。

 

実際に働いている方がどれくらいの年収をもらっているか?給料明細が掲載されているのがキャリコネです。

あなたが希望する職種、あなたに近い年齢層で年収を確認すれば、この会社のおおよその賃金がわかります。

 

 

年功賃金制度は終わったと言われていますが、成果主義賃金制度がうまく機能していない日本ではやはり年齢が柱になるのです。

私は応募の前に必ずキャリコネで口コミと年収を確認していました。

 

転職活動はできるだけ少ない求人応募数で転職完了するのが良いのです。

応募する求人が増えてくると惰性で転職活動するようになってしまいます。

 

それだけはさけるようにしましょうね。

 


キャリコネ

 

 

トップへ戻る

この転職エージェントの特徴は求人保有数と質の高さともに優れているということです。優良求人の目安となる非公開求人が90%にも及び、その件数は20万件と他の転職エージェントを寄せつけない強さです。情報量の豊富さからも必ず役に立つ転職エージェントです。

転職サイトと転職エージェントとが一体になっていて、とても使いやすいのがdodaの特徴です。デメリットとしては応募履歴をきちんと管理しておかないといけないということです。転職エージェントはアドバイザー任せですが、転職サイトで応募した求人であればあなた自身が動く必要があるからです。それだけ気をつければ業界第2位の転職エージェントは一度は使ってみましょう。

多くの転職エージェントは求人を受注する営業部隊と求職者をサポートするアドバイザー部隊とに分かれています。いわゆる分業制なのですが、この転職エージェントは営業も転職希望者サポートも一人のコンサルタントが行う一気通貫体制をとっています。そのため、求人に関する情報は営業に聞く必要がなく対応もスピーディーです。アドバイザーが求人のことをよく知っているのはとても重要なことです。分業制が良くないというのではありません。両者を比較しながら使うのがおすすめです。

求人に応募する際には口コミ情報収集が欠かせません。キャリコネは代表的な口コミサイトです。口コミ以外では特にリアルな「給与明細」が評判です。私も転職活動中、応募の際には必ずチェックしていました。求人票では本当の月給はわかりません。内定が出る前におおよその相場を知っておくことは大切です。キャリコネではさらに大手転職サイトに掲載されている求人を一括で検索でき、応募も可能です。応募した後は面接レポートも掲載されていますので、面接対策もある程度独力で出来ます。転職エージェントも併用すると鬼に金棒でしょう。

ここは第二新卒に特化した転職エージェントです。全てが20代向けの求人なので効率的な転職活動をするには最適といえます。マイナビグループならではの企業と太いパイプを生かし、豊富な求人情報も持っています。求人紹介の際には求人票に書かれていない「本当のところ」の情報も提供してくれますので、応募の際に検討すべきことがクリアできると言えます。求人数は少ないですが質で勝負の転職エージェントです。たくさんの求人に応募したい方には向きませんが、良い求人だけに応募したい20代の方にはおすすめの転職エージェントです。

Sponsored Links

ニュースレターを購読する

新規記事投稿のお知らせをいたします。


タイトルとURLをコピーしました