転職活動で年収交渉するベストなタイミングと転職媒体とは?

転職活動
この記事は約4分で読めます。

転職活動で年収交渉はしてもよいのか、年収交渉するタイミングはいつがベストか、年収交渉するのに有利な転職媒体は?など年収交渉に関する疑問にお答えします。

転職活動で年収交渉するベストなタイミングと転職媒体とは?

転職活動で年収交渉するベストなタイミングと転職媒体とは?

 

転職活動で必ず悩むこと、それは年収に関することです。

具体的には以下のような悩みがあるのではないでしょうか?

 

  • 転職活動で年収交渉はしてもよい?
  • 年収交渉するタイミングはいつがベスト?
  • 年収交渉するのに有利な転職媒体は?

 

結論から申し上げますと「年収交渉はしてもよい」です。

ただし年収交渉するのにはタイミングが重要です。

 

ベストなタイミングは「内定前」です。

理由は後ほど解説します。

 

年収交渉するのに有利な転職媒体は「転職エージェント」です。

その理由についても後述します。

 

 

年収交渉するタイミングはいつがベスト?

年収交渉するタイミングはいつがベスト?

 

年収交渉するベストなタイミングは「内定前」です。

それより早くても遅くてもいけません。

 

例えば1次面接で年収の話をすると、採用する方としては引いてしまいます。

目的は金なのかな、と。

 

仮にそうでないとしても印象を悪くするだけです。

内定直前まで年収の話はしないことです。

 

そうは言っても内定が出ると雇用契約を結ぶ前に必要とされる「労働条件通知書」が発行されます。

多くの企業ではその項目に基本給が記載されていますので、このタイミング以降で年収交渉をするのは難しいのです。

 

人を雇う際に人件費として予算を計上しますから、一旦決めた給料を変えることはできないのです。

以上のことを根拠として、年収交渉するタイミングは「内定前」であると言えるのです。

 

 

年収交渉するのに有利な転職媒体は?

年収交渉するのに有利な転職媒体は?

 

転職媒体としては、ハローワーク、転職サイト、転職エージェントの3つがあります。

各々から応募した場合、年収交渉はどう対応することになるのかを説明します。

 

ハローワーク

 

ハローワークは言うまでもなく、雇用確保を目的とした公的機関です。

求人数はとても多く、応募には困りません。

 

ハローワーク求人のデメリットとしては、公的機関が運営しているため企業は無料で求人を掲載できます。

そのため、ブラック企業が多いと言われています。

 

事務手続きについてもあなた自身ですべて行う必要があります。

在職しながらでは難しい転職方法です。

 

当然年収交渉もあなた自身で企業の人事担当と行わなければなりません。

転職に慣れている方であれば、年収交渉も可能でしょう。

 

しかし転職活動に慣れていない方はハローワークで年収交渉をするのはおすすめできません。

 

転職サイト

 

転職サイトは手軽に応募ができるので、ハローワークよりはハードルが低いかもしれません。

しかし直接応募である点は同じです。

 

応募までは転職サイトが行いますが、それ以降はあなたが企業と交渉する必要があります。

中でも年収交渉は最難関です。

 

内定が出たときに年収交渉するのは遅すぎるので、絶妙なタイミングは転職のプロでなければ難しいと言えるでしょう。

 

転職エージェント

 

それに比べて転職エージェントはコンサルタントがあなたの転職支援をします。

応募書類の添削、面接対策はもちろんのこと、年収交渉もあなたの代わりに行うのです。

 

事前に希望の年収をエージェントに伝えておけば、その金額に近づくように交渉してくれます。

転職エージェントから求人紹介してもらうだけではもったいないです。

 

利用可能なサービスはどんどん使いましょう。

目的に応じて転職エージェントは利用しましょう。

 

以下に主な転職エージェントを挙げますのでご検討ください。

 

【リクルートエージェント】業界最大手の転職エージェント。非公開求人だけで20万件も保有している。
【doda】業界第二位の転職エージェント。転職サイトも運営しているので、使いやすい。
マイナビジョブ20's20代専門の転職エージェント。20代向けの求人しか保有していない。
type転職エージェント一都三県限定の転職エージェント。懇切丁寧な転職支援を行うとの定評多い。
JAC Recruitment業界第三位の転職エージェントで外資系に強い。 
ロバート・ウォルターズロバート・ウォルターズ英語を使う求人に特化した転職エージェント
【BINAR】ビズリーチが運営するIT特化型転職エージェント。

 

【おすすめ】初めての転職で登録したい転職エージェント11社を厳選
転職活動を行う上で転職エージェント、転職サイトなどの転職媒体を上手く選択することは転職経験がない方には難しいと思います。転職エージェントの特徴はコンサルタントという人を介することです。しかし、それだけではなく転職エージェントの保有している求人などにも特徴があるのも事実です。転職経験が3回ある筆者は転職活動で数十社の転職エージェントを使ってきました。また採用担当者としても、数社の転職エージェントと契約を結んで求人を依頼した経験もあります。ここでは使ってみて良かった転職エージェントを厳選してご紹介しますので、転職活動の参考にしてくださいね。

 

トップへ戻る

タイトルとURLをコピーしました