ハローワークはどんな方に向いているのか?

転職媒体
この記事は約6分で読めます。
Sponsored Links

転職活動でハローワークを利用しない人は殆どいないと思います。他の転職媒体に比べると、ネガティブな情報も多いので使い続けるメリットを感じない方もいるかもしれません。ですが、ハローワークには他のメディアにはないメリットがあります。それは...

Sponsored Links

ハローワークと他の転職媒体比較

 

転職方法としては、ハローワーク、転職サイト、転職エージェントの3つがあります。

あまり利用されていない新聞・雑誌・フリーペーパーなどの紙媒体は対象外としますね。

 

 

ハローワークは厚生労働省が提供する公共サービスです。

求職申し込み書に記入をし、求人票を発行してもらうことで利用可能となります。

 

 

基本的には誰でも利用可能なサービスです。

それに対して転職サイト、転職エージェントは民間であることがまずは大きな違いです。

 

ただ使うあなたから見ると、それよりも使い勝手であるとか、メリットやデメリットの方が気になると思うんです。

この3者をまずは比較してみましょう。

 

 ハローワーク転職サイト転職エージェント
応募可能な求人数
求人の質
支援体制
求人情報
未経験歓迎求人
年齢不問求人
地域密着型
大企業求人

 

 

これらの比較を通して、ハローワークを使った方が良い方も相当数いるのだとわかりますね。

 

 

応募できる求人数が多い

 

 

応募可能な求人数が圧倒的に多いのがハローワークですね。

転職サイトも直接応募ではありますが、絶対数で負けます。

 

 

また転職エージェントはそのビジネスモデル上、求人にマッチングしない方には紹介しないため、求人数はとても多いですが、誰もが多く応募できるという訳ではありません。

その点、ハローワーク求人は本人が応募したいと言えば、紹介状を発行してくれ、あとはご自身で応募可能なのです。

 

 

応募可能な求人が多いというのはメリットの一つでしょう。

 

 

地域密着型の転職を考えている方

 

 

ご家庭の事情などで転職先はどうしても地元でしたいという方はハローワークはオススメです。

一度でもハローワークに行けばお分かりかと思いますが、求人検索をしてみると地元の求人が殆どだからです。

 

 

もちろん転勤のある、なしについてはきちんと確認する必要があります。

それさえクリアすれば、地元で転職先を見つけるのはハローワークは利用価値がとてもあります。

 

 

それと並行して、転職サイトやは転職エージェントを利用しましょう。

条件を地元限定とはっきり希望すれば、外れる求人の紹介はないはずです。

 

 

ハローワークには攻めの姿勢で、他の媒体は求人紹介されるまで待ちの姿勢の二刀流でいけば、あなたの希望に近い求人が見つかるのも早いでしょう。

ハローワークだけというのでなく、バランスよく使うのが就職成功のコツです。

 

 

キャリアチェンジを考えている方

 

 

未経験への業種や職種にチャレンジしたい方は、ハローワークでの職業訓練を受けてみることをお勧めします。

一定期間、職業能力開発校などで受講してスキルを身につけて、その方面への就職も十分可能です。

 

 

求人に関しても、未経験歓迎が多いので、会社の十分な調査は必要ですが、キャリアチェンジの機会は多いと言えます。

他の媒体は基本的には今までの経験を活かした転職を考えています。

 

 

しかし最近の転職エージェントは未経験者のサポートに力を入れています。

特に第二新卒・既卒・フリーター・ニート専門の転職エージェントがフューチャーされている昨今です。

 

 

これらのニート・フリーターに特化した転職エージェントもとても利用価値があります。

差別化をはかるため全ての企業に訪問し、ブラック企業は排除して紹介するところが多いです。

 

ハローワークと合わせて使ってみましょう。

比べてみるのも良いでしょう。

 

 

中高年の方

 

 

一部のエグゼクティブの方には転職エージェントをお勧めします。

大多数の中高年の方の場合は他の媒体では相手にされないことがあります。

 

 

転職サイトでは応募しても、結果の返事が来なかったり、転職エージェントでは登録を断られたりです。

なのでハローワークを使うことは必須というか、ぜひ使っていただきたいですね。

 

 

転職サイトでは年齢制限が実際にあっても、ほとんどのメディアでは特に書いてありません。

知らない中高年の方は転職サイトへの応募で時間を無駄にしてしまう可能性が大きいです。

 

 

この記事を偶然読んだ中高年の方で転職サイトを使っている場合は、すぐにハローワーク中心に切り替えましょう。

 


フリーター・ニートなら登録しておきたい転職エージェント6選! はこちら


知っててお得な中高年転職サイト4選!

トップへ戻る

この転職エージェントの特徴は求人保有数と質の高さともに優れているということです。優良求人の目安となる非公開求人が90%にも及び、その件数は20万件と他の転職エージェントを寄せつけない強さです。情報量の豊富さからも必ず役に立つ転職エージェントです。

求人に応募する際には口コミ情報収集が欠かせません。キャリコネは代表的な口コミサイトです。口コミ以外では特にリアルな「給与明細」が評判です。私も転職活動中、応募の際には必ずチェックしていました。求人票では本当の月給はわかりません。内定が出る前におおよその相場を知っておくことは大切です。キャリコネではさらに大手転職サイトに掲載されている求人を一括で検索でき、応募も可能です。応募した後は面接レポートも掲載されていますので、面接対策もある程度独力で出来ます。転職エージェントも併用すると鬼に金棒でしょう。

多くの転職エージェントは求人を受注する営業部隊と求職者をサポートするアドバイザー部隊とに分かれています。いわゆる分業制なのですが、この転職エージェントは営業も転職希望者サポートも一人のコンサルタントが行う一気通貫体制をとっています。そのため、求人に関する情報は営業に聞く必要がなく対応もスピーディーです。アドバイザーが求人のことをよく知っているのはとても重要なことです。分業制が良くないというのではありません。両者を比較しながら使うのがおすすめです。

転職サイトと転職エージェントとが一体になっていて、とても使いやすいのがdodaの特徴です。デメリットとしては応募履歴をきちんと管理しておかないといけないということです。転職エージェントはアドバイザー任せですが、転職サイトで応募した求人であればあなた自身が動く必要があるからです。それだけ気をつければ業界第2位の転職エージェントは一度は使ってみましょう。

ここは第二新卒に特化した転職エージェントです。全てが20代向けの求人なので効率的な転職活動をするには最適といえます。マイナビグループならではの企業と太いパイプを生かし、豊富な求人情報も持っています。求人紹介の際には求人票に書かれていない「本当のところ」の情報も提供してくれますので、応募の際に検討すべきことがクリアできると言えます。求人数は少ないですが質で勝負の転職エージェントです。たくさんの求人に応募したい方には向きませんが、良い求人だけに応募したい20代の方にはおすすめの転職エージェントです。

Sponsored Links

ニュースレターを購読する

新規記事投稿のお知らせをいたします。


タイトルとURLをコピーしました