誰にも聞けない転職エージェントのメリット・デメリットを解説します!

転職エージェント
この記事は約7分で読めます。
Sponsored Links

転職活動で最も利用されているのが転職エージェントです。転職媒体には、ハローワーク、転職サイト、転職エージェントの3つがあります。メリット・デメリットをほかの媒体と比較することでわかりやすく説明します。

Sponsored Links

転職エージェントとは?

 

そもそも転職エージェントとは何でしょうか?

「民間が運営している人材紹介会社のことだよ」とあなたが答えてくれたなら、正解です。

 

 

つまり、紹介業なんですね。

企業が欲しがっている人材を紹介するビジネスなんです。

 

どうしても企業の意向が最優先になってしまうのは仕方のないところです。

これは後ほど説明する転職エージェントのデメリットの一つでもあります。

 

 

もう少しざっくばらんに説明しますね。

転職エージェントは会社ですので、利益を追求するのが使命です。

 

そして転職エージェントにとっての顧客は求人を依頼する企業なのです。

上図をご覧になってください。

 

登場人物は転職エージェント、企業、あなたの3つです。

とてもシンプルなビジネスモデルですね。

 

転職活動をしている方の位置付けがお分かりかと思います。

 

 

転職エージェントから紹介された企業と雇用契約を結ぶと、求人を依頼した会社は人材紹介会社に手数料を支払う仕組みなのです。

 

転職エージェント経由で応募するときは必ずエージェントを通してください。

あなたが企業と直接連絡をとることはルール違反となっています。

 

 

転職エージェントを使うときの注意点です。

話題がそれました。

 

転職エージェントは会社という利益団体です。

あなたに転職先を決めてもらいたいために、一生懸命にサポートをするのです。

 

なぜならば「成功報酬」で企業から料金をもらっているからです。

なかでも完全成功報酬の場合が多いので、転職する人がいなければ売り上げはゼロなんです。

 

あなたが無料で転職エージェントを利用できるのはむしろ当たり前のことなのです。

企業に紹介するための大事な候補者なのですから......

 

この仕組みは重要ですので、必ず覚えておいてくださいね。

転職エージェントの仕組みについて説明する機会は何度もあります。

 

今後の記事でも説明していきたいと思います。

 

 

人を介するのが差別化要素

 

 

転職エージェントと言えば、担当コンサルタントのことが思い浮かびますよね。

コンサルタントはエージェントともしばしば呼ばれています。

 

つまり企業イメージとしてはコンサルタントの影響はめちゃくちゃ大きいんですね。

口コミサイトを見てみてください。

 

殆どがコンサルタントについての話題になっていることがおわかりかと思います。

転職媒体であなたに転職支援サービスを全力で行ってくれるのは転職エージェントだけです。

 

 

まさに人を介する媒体であることが最大のメリットであると言えます。

転職活動をしていると様々な悩みにぶつかります。

 

親兄弟に相談しても普通は頼りにならないでしょう。

彼ら彼女らは転職のプロではないからです。

 

知人に相談するのは違った意味でだめです。

転職は秘密裏に行うのが大原則だからです。

 

転職活動中であることが会社にバレると、結構大変なことに発展する場合もあります。

転職活動は孤独なんです。

 

 

転職エージェントを使えば、もちろん礼儀正しく接することは大前提ですが、転職活動中の相談をすることができます。

徐々に深い話もできるようになってくるエージェントと出会えるでしょう。

 

その出会いを大切にしてください。

エージェントも人間ですのであなたとの相性があります。

 

相性がばっちりで、多くの求人を紹介してくれるコンサルタントに出会ったら、そこをメインに利用するぐらいで構いません。

転職エージェントは大手から中堅どころ、中には個人事業主としてやっているところもあります。

 

確率でいえば大手の方が良いコンサルタントに出会えるでしょう。

私が大手からの利用をオススメするのはこのような訳もあるのです。

 

 

ですがこれは確率の問題なので、中小の転職エージェントが悪いということではありません。

中堅どころはある業種や職種に特化した転職エージェントが多いです。

 

転職の目的が決まっていれば、中堅も利用して構いません。

ですがIT特化の転職エージェントであれば、ITに詳しいエージェントが多数います。

 

職務経歴を突っ込まれても大丈夫なようになるには、ある程度の慣れも必要です。

大手は最初の面談では厳しく突っ込むことはあまりありません。

 

 

転職初心者の方はやはり誰もが知っているところから登録すると良いでしょう。

いずれにしても慣れるためにも転職エージェントも数をこなすことは必要悪ですね。

 

 

他媒体との比較

 

今までのことも含めて、転職エージェントを転職サイト・ハローワークと比較してみます。

順位をつけていますがそれ自体に意味があるのではなく、メリット、デメリットがわかりやすいと思い、このような形式にしました。

 

項目転職エージェント転職サイトハローワーク
求人数
転職支援
非公開求人
応募の手軽さ
使い勝手
年齢不問
キャリアチェンジ
ホワイト求人数

 

以上より転職エージェントのメリット、デメリットは以下となります。

 

メリット

 

 

  • 転職支援をする専任のコンサルタントがつく
  • 非公開求人を数多く保有している
  • 悩みはコンサルタントに相談できるので心強い
  • ブラック企業の求人は他の媒体に比べるとかなり少ない

 

 

デメリット

 

 

  • 求人紹介の形をとるため、人によっては求人数が少なくなる
  • 応募が手軽にできるわけではなく、コンサルタントが推薦できる求人のみ応募可能
  • 求人票に記載はないが、企業側から想定年齢層の希望も出ているので、年齢不問ではない

 

 

このようなデメリットはありますが、それをカバーするだけのメリットが転職エージェントにはあります。

 

 

まずは大手の総合型転職エージェントから使い始め、慣れてきたら中小の業界や職種に特化した転職エージェントを使っていきましょう。

あなたの転職の方向性が決まっていれば、最終的には特化型転職エージェントを使った方が良い転職ができるのはわかりきったことだからです。

 

 


【リクルートエージェント】への登録はこちら


絶対に登録しておきたい転職エージェント8選! 業界特化型転職エージェントとは何か?

トップへ戻る

この転職エージェントの特徴は求人保有数と質の高さともに優れているということです。優良求人の目安となる非公開求人が90%にも及び、その件数は20万件と他の転職エージェントを寄せつけない強さです。情報量の豊富さからも必ず役に立つ転職エージェントです。

求人に応募する際には口コミ情報収集が欠かせません。キャリコネは代表的な口コミサイトです。口コミ以外では特にリアルな「給与明細」が評判です。私も転職活動中、応募の際には必ずチェックしていました。求人票では本当の月給はわかりません。内定が出る前におおよその相場を知っておくことは大切です。キャリコネではさらに大手転職サイトに掲載されている求人を一括で検索でき、応募も可能です。応募した後は面接レポートも掲載されていますので、面接対策もある程度独力で出来ます。転職エージェントも併用すると鬼に金棒でしょう。

多くの転職エージェントは求人を受注する営業部隊と求職者をサポートするアドバイザー部隊とに分かれています。いわゆる分業制なのですが、この転職エージェントは営業も転職希望者サポートも一人のコンサルタントが行う一気通貫体制をとっています。そのため、求人に関する情報は営業に聞く必要がなく対応もスピーディーです。アドバイザーが求人のことをよく知っているのはとても重要なことです。分業制が良くないというのではありません。両者を比較しながら使うのがおすすめです。

転職サイトと転職エージェントとが一体になっていて、とても使いやすいのがdodaの特徴です。デメリットとしては応募履歴をきちんと管理しておかないといけないということです。転職エージェントはアドバイザー任せですが、転職サイトで応募した求人であればあなた自身が動く必要があるからです。それだけ気をつければ業界第2位の転職エージェントは一度は使ってみましょう。

ここは第二新卒に特化した転職エージェントです。全てが20代向けの求人なので効率的な転職活動をするには最適といえます。マイナビグループならではの企業と太いパイプを生かし、豊富な求人情報も持っています。求人紹介の際には求人票に書かれていない「本当のところ」の情報も提供してくれますので、応募の際に検討すべきことがクリアできると言えます。求人数は少ないですが質で勝負の転職エージェントです。たくさんの求人に応募したい方には向きませんが、良い求人だけに応募したい20代の方にはおすすめの転職エージェントです。

Sponsored Links

ニュースレターを購読する

新規記事投稿のお知らせをいたします。


タイトルとURLをコピーしました