転職エージェントとの面談が重要な5つの理由とは?


転職媒体の一つである転職エージェントは使い方次第ではとても価値のあるものです。その中でも最も重要なのは担当コンサルタントとのコミュニケーションです。それは最初の面談から始まっています。なぜ面談が重要なのでしょうか?それは...

あなたのキャリアを理解してもらうため

エージェントとの面談の目的の第一はあなたのキャリアを理解してもらうことです。

最重要と言ってよいでしょう。

履歴書・職務経歴書だけではあなたのキャリアを把握しきれません。

言うまでもなく、エージェントはあなたの経験を活かせる仕事を探すわけです。

そのためにはあなたのキャリアを100%理解する必要があります。

異業種の求人も視野に入れて、エージェントは求人をあなたに紹介するでしょう。

職務経歴書はご存知の通り、過去の実績、職歴です。

あなた自身の肉声で職務経歴を聞きながら質問をすることで、他の可能性も探しています。

あなたの未来が見えるのがエージェントです。

もちろん、今までの業種・職種で転職したいのであれば、希望は第一に考えてくれますのでご安心を。

 

ビジネスマンとして問題ないことを確認してもらうため

転職エージェントが企業にあなたを推薦する際、パーソナリティは重要な部分です。

積極的で熱い人とか、冷静沈着に自己分析できている人とか、あなたの長所を把握しようとしています。

エージェントが企業に送る推薦状にはどんな実績をあげてきたかとどんな人かが書かれています。

転職エージェント経由で応募すると企業に推薦されるのです。

これは転職エージェントを使う大きなメリットと言えます。

採用経験の私から見ても、転職エージェント経由と直接応募者とでは差がありました。

職務経歴書の添削が済んでいることはもちろんですが、エージェントが求人にマッチングする登録者に紹介するから、応募者のレベルが違うのです。

 

エージェントとの相性を確認するため

あなたの視点に立ってみましょう。

エージェントとの相性を確認するのも重要です。

何で決めるか?

あなたの第一印象で決めてよいです。

転職エージェントには求人営業、転職相談を一人のコンサルタントが行う場合と求人獲得と転職相談とを分業している場合とがあります。

前者であれば、企業訪問をして求人獲得のための営業も行うのでなおさらです。

後者であったとしても、他の登録者の評判もおそらくあなたの印象は同じでしょう。

転職エージェントはエージェントとのコミュニケーションが重要です。

相性が合わない人もいるでしょう。

無理せずに担当者を変えてもらってください。

これは最初の面談後に第一印象で無理だと判断したら、すぐにでも担当替えを申し出てください。

 

求人を紹介してもらうため

当たり前ですが、求人紹介をしてもらうのが転職エージェントの目的です。

多くの求人紹介も重要です。

あなたのキャリアに相応しい求人を紹介してもらえることも重要です。

転職エージェントには量を追求するところと質を追求する転職エージェントがあります。

リクルートエージェントは量で他社を圧倒しています。

応募もガンガンしたい積極的な方には向きます。

転職エージェントには色々なタイプがあります。

最初は3社程度の登録で、慣れたら徐々に増やしていきましょう。

 

転職が決まってからもサポートしてもらうため

転職エージェントとは転職先が決まってからも長い付き合いになります。

もちろん相性があっているコンサルタントとだけですけどね。

転職先での悩みを相談したりしますね。

また今の転職市場についての情報も知らず知らずのうちにインプットされています。

エージェントの情報量と質は半端ないので、利用しない手はありません。

転職活動をしていなくても、定期的に私は連絡をとっているコンサルタントがいます。

やはり情報は命です。

転職サイトには載っていない情報は転職エージェントで仕入れましょう。


 【リクルートエージェント】への登録はこちら


トップへ戻る

転職に関するお悩みは何でもお気軽にお問い合わせください。









本日のランキングクリックありがとうございました(^^)/

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職情報・転職サイトへ

ニュースレターを購読する

新規記事投稿のお知らせをいたします。