転職面接における一次面接対策とは?【面接官によって違います】

転職面接の一次面接転職面接
この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク

 

 

一次面接の対策で悩んでいる人「いよいよ一次面接が近づいてきた。転職面接対策は転職サイトに書いてある一般的なことで良いのだろうか?別の対策が必要ならば知りたいな。」

 

上記のお悩み・疑問にお答えします。

先日、こんなツイートをしました。

 

転職面接の一次面接は人事がメインになることが多い。特に大企業。ここで自社の社風に合う応募者に絞り込む。一次面接で落ちても社風とマッチングしなかったと考えるくらいで良い。ビジネスマンとして致命的なことをしでかしたのでなければ問題なし。転職理由と志望動機はきちんと固めることしかない。

 

本記事を読めば以下のことがわかるようになっています。

この記事を読めばわかること

  • 一次面接は面接官によって対策は違う
  • 一次面接の面接官別対策

 

とは言っても、何の根拠もなく書いているわけではありません。

この記事には以下の根拠があります。

この記事の根拠

  • 上記の通り。

 

記事構成は以下のとおりです。

9分ほどで読める記事ですので、しばらくお付き合いください。

  • 転職面接における一次面接対策【面接官によって違います】
  • 【転職面接対策】一次面接で面接官が人事の場合
  • 【転職面接対策】一次面接で面接官が現場責任者の場合

では一つずつ解説します。

 

 

転職面接における一次面接対策とは?【面接官によって違います】

転職面接における一次面接対策とは?【面接官によって違います】

 

結論「一次面接対策ではなく面接官によって対策を変えよう。」

 

転職面接は一次面接、二次面接、最終面接と違いがあります

多くの場合は面接官が変わります。

 

一般的には一次面接では人事が面接官となります。

二次面接では現場責任者が面接官です。

 

そして最終面接では役員クラスが面接官になることが多いです。

今まで書いたことは原則です。

 

 

企業によっては転職面接を一回で終わらす場合もあります。

二次面接で内定が出る場合もあるでしょう。

 

転職面接の回数が企業によって、統一されていません。

つまり面接官も変わる可能性があります

 

一次面接のウェイトが大きい場合は人事だけでなく、現場責任者も面接官となります。

役員クラスが面接官になるのは二次面接以降がほとんどです。

 

なので一次面接対策を考えるならば、面接官別に対策を練る必要があります。

人事が面接官ならば、一般的な質問が多いでしょう。

 

現場責任者が面接官ならば、必要スキルを身につけているかの質問です。

人事と現場責任者の両者が面接官ならば、対策は両方行う必要があります。

 

つまり面接官によって転職面接の対策は違います。

現場責任者が転職理由の質問はあまりしません。

 

そのような質問は人事が面接官のときに多くあります。

一次面接対策というと人事が面接官のときを想定している情報が多いようです。

 

しかし一次面接で現場責任者が面接官の場合は対策ができていない方も多いのではないでしょうか?

そのため本記事では面接官別に転職面接の対策を書きます。

 

内容としては「面接官が何をみているか?」を中心に書きます。

それによって転職面接の対策もみえてくるからです。

 

一次面接対策をするときには一般的には人事が面接官を想定しているでしょう。しかし場合によっては現場責任者が面接官の場合もあります。つまり一次面接対策は面接官によっても変える必要があります。面接官によって転職面接対策を事前に考えておいたほうが楽です。

 

 

【転職面接対策】一次面接で面接官が人事の場合

【転職面接対策】一次面接で面接官が人事の場合

 

結論「一次面接で人事が面接官の場合は主に社風に合うかをみられている。」

 

先日、こんなツイートをしました。

 

転職面接では採用担当者をまずは安心させることが大切。一緒に働きたいかなどは社風にあっているかでほぼ決まるのでどうしようもない面もある。背伸びはしないほうがいい。転職してから困るのは自分だから。転職はあくまでも手段であり、ゴールではない。ここを間違っている方が多い。

 

一次面接で人事が面接官の場合は「社風にあうか?」を中心にみています。

言い換えれば「一緒に働きたいと思える応募者か?」です。

 

さらに人事は「雇用コスト」も重視しています。

先日、こんなツイートをしました。

 

内定を出すまでは結構大変。企業の立場からするとだが。人を採用することは結局は「大きな投資案件」。想定年収600万円の場合は社会保険料などがかかるので900万円くらいは雇用コストがかかる。希望年収を高く言うと、自分が稼ぐ金額が高くなることは認識しよう。内定まで稟議が必要なのはその為。

 

つまり「簡単に辞められては企業の投資案件としてペイしない」ので転職面接は辛めになります。

どちらかというと減点方式に近いです。

 

従業員として採用しても問題は起きないかを人事は立場上心配します。

求職者としては「強い応募意識」をアピールしましょう。

 

志望動機が重要なのはそのためです。

転職理由も「何となく転職したのかな?」と不安なんです。

 

3年以内で別な会社に転職したら人事は困りますからね。

立場上。

 

応募する方としては「転職は本気です」と「御社の社風にピッタリです」をアピールすれば大丈夫です。

転職面接は面接官を安心させることがすべてです。

 

一次面接の面接官が人事の場合は最も多いです。ここで確認されるのは「社風に合うか?」と「転職の本気度」です。ヒューマンスキルをみることで社風に合うかがわかります。転職理由や志望動機をしつこく質問するのは転職の本気度を確認したいためです。

 

 

転職面接の一次面接で面接官が現場責任者の場合

【転職面接対策】一次面接で面接官が現場責任者の場合

 

結論「面接官が現場責任者の場合は自社でスキル再現性があるかがポイント。」

 

先日、こんなツイートをしました。

 

転職面接で服装をどうしましょうとか、ハキハキと答えましょうとか、あるがそれはビジネスマンとしての基本であって本質ではない。転職面接ではあくまでも「職務経歴に書かれていることの再現性」を確認している。自社で売上になりそうか?そうでないか?それをシビアに判断している。

 

会社によっては現場責任者が一次面接の面接官になることもあります

転職エージェント推薦の求人であれば、このような情報は入手できます。

 

面接官が誰になるか事前に対策を練ることができます。

これだけでも転職エージェントを使うメリットはありますね。

 

現場責任者が質問するのは主に「職務経歴書」の内容についてです。

自社でも通用する職務経歴かどうかを確認しています。

 

もちろん経験がなくてもポテンシャルもみます。

「〇〇の経験はありますか?」と面接官からよく質問があります。

 

そのとき「経験がないので難しいです。」と回答するのは次のステップに行けない可能性が大きくなります。

そうではなく「確かに経験はありませんが〇〇の経験が活かせると思いますので、キャッチアップ可能だと思います。」と前向きに回答しましょう。

 

今までの経験が応募している企業にとって、どう活きるのかを面接官は知りたいのです。

そのためには面接官を安心させてあげる必要があります。

 

面接官は自社のビジネスに活かせる再現性のあるスキルを求めています。

転職で全く同じ仕事をするのなら、キャリアアップはできません。

 

そもそも転職の意味はないです。

転職では「挑戦しがいがあり、難しいけど精一杯頑張れば対応可能な職務」を求人として選びましょう。

 

そうすることであなたはキャリアアップ出来て、キャリア形成に大きく役立ちます。

転職は今では当たり前のことです。

 

そのためには転職先で「どんなキャリアアップ」をするのか明確にしておきましょう。

それが達成できたら、新たに転職先を探せばよいのです。

 

同じ会社に何年もいると社内スキルだけ高くなり、転職市場価値は逆に低くなってしまいます。

スキルの再現性を磨くためにも転職は必要です。

 

スキルの再現性とは「どの会社でも通用するスキル」のことです。

それが多ければ多いほど、年収アップも可能ですし、希望するポジションにつくことも出来ます

 

一次面接でも現場責任者が面接官の場合は結構あります。筆者は現場責任者ですが、一次面接の面接官になることはありました。求人票の募集要件からずれないようにスキルのアピールをすることが重要です。自社での「スキル再現性」を確認されています。