転職を考える前にすべきこととは?

転職準備
この記事は約4分で読めます。
Sponsored Links

転職というのは、簡単にすべきものではないと思います。それにはきちんとした理由があります。そのわけとは?

Sponsored Links

退職したいだけではダメ

 

 

転職、就職のきっかけとなるのは、やはり現在お勤めの会社に対する不満でしょう。

給料が安いとか、仕事がつまらないとかがたまりにたまって、退職したいとなるわけです。

 

 

もちろん、それ自体は悪いことではありません。

むしろ健全です。

 

ただここでの話題は就職です。

 

 

退職は直接就職に結びつかないですよね?

 

 

文字で読むと理解できるのですが、直感的には退職したいので、転職エージェントや転職サイトに登録して、就職活動をしている方も多いはずです。

ですがちょっと待ってください。

 

転職する準備はきちんとできていますか?

それを考えてみましょうね。

 

実はこれがとても重要です。

私も最初の転職のときはこれに失敗しました。

 

 

今までの職務経歴から自己分析をする必要があるんです。

キャリアの棚卸しとも言います。

 

 

「あなたがいつ、どこで、どんな仕事を、どのように、実績をどれほど出したか?」を洗い出していきます。

これをやらないと、転職して何をしていいのか?何が向いているのか?が見えてきませんよね。

 

自己分析の期間はしっかりとることが大切なんです。

 

 

転職理由は明確になっていますか?

 

 

退職理由はあくまでも会社を辞めたい理由です。

辞めてからどうする?のかについては、まだ考えられていません。

 

 

この段階で就職活動を始めるのは危険です。

転職して何をしたいのか?

 

 

就職して今実現できていないどの部分を実現したいのか?

このような具体的なビジョンがないと就活を始めてもうまくいきません。

 

 

面接で必ず転職理由を聞かれることもその理由です。

それよりもあなたの未来が描けていないのに転職活動をするのは矛盾していると思いませんか?

 

転職理由を明確にしてから、就活は始めましょう。

では転職理由はどうすれば明確になるのでしょうか?

 

 

これは自己分析、キャリアの棚卸しをする以外にはありません。

それをすることによって、転職したい理由が必ずわかります。

 

 

キャリアの棚卸しはエクセルなどで表にするとわかりやすいと思います。

書き出すことで見える化されるので、転職理由の明確化の力強いツールとなります。

 

 

退職理由と転職理由との違いを認識する

 

 

転職理由の明確化ができれば、転職の準備ができたと考えてよいです。

 

 

まずはそのために、ぜひ今までの職務経歴を書き出してみてください。

転職理由と退職理由は似ているようで違います。

 

 

先ほど書いたように、会社を辞めたいキッカケとなった理由が退職理由です。

それに対して、転職理由は「なぜ会社を辞めたいのか?」「転職して何をあなたが実現したいのか?」ということです。

 

 

これが決まっていると、応募すべき求人も決まってきます。

希望年収などの待遇面もはっきりしてくるでしょう。

 

この転職の方向性を転職活動中に変えることはかなり難しいと思います。

時間的にもロスします。

新たな自分を模索するのはとても大変です。

 

転職準備は転職活動の中でも最も作業量が多い部分です。

ここをしっかりやっていると、後々楽になってきます。

 

 

退職理由と転職理由の違いがあなたの中でしっかりと認識できないうちは転職すべきではありません。

ぜひとも退職理由、転職理由を明確にしてから転職活動を始めてください。

 

 

これが転職活動の成功の秘訣です。

 


【リクルートエージェント】

トップへ戻る

この転職エージェントの特徴は求人保有数と質の高さともに優れているということです。優良求人の目安となる非公開求人が90%にも及び、その件数は20万件と他の転職エージェントを寄せつけない強さです。情報量の豊富さからも必ず役に立つ転職エージェントです。

求人に応募する際には口コミ情報収集が欠かせません。キャリコネは代表的な口コミサイトです。口コミ以外では特にリアルな「給与明細」が評判です。私も転職活動中、応募の際には必ずチェックしていました。求人票では本当の月給はわかりません。内定が出る前におおよその相場を知っておくことは大切です。キャリコネではさらに大手転職サイトに掲載されている求人を一括で検索でき、応募も可能です。応募した後は面接レポートも掲載されていますので、面接対策もある程度独力で出来ます。転職エージェントも併用すると鬼に金棒でしょう。

多くの転職エージェントは求人を受注する営業部隊と求職者をサポートするアドバイザー部隊とに分かれています。いわゆる分業制なのですが、この転職エージェントは営業も転職希望者サポートも一人のコンサルタントが行う一気通貫体制をとっています。そのため、求人に関する情報は営業に聞く必要がなく対応もスピーディーです。アドバイザーが求人のことをよく知っているのはとても重要なことです。分業制が良くないというのではありません。両者を比較しながら使うのがおすすめです。

転職サイトと転職エージェントとが一体になっていて、とても使いやすいのがdodaの特徴です。デメリットとしては応募履歴をきちんと管理しておかないといけないということです。転職エージェントはアドバイザー任せですが、転職サイトで応募した求人であればあなた自身が動く必要があるからです。それだけ気をつければ業界第2位の転職エージェントは一度は使ってみましょう。

ここは第二新卒に特化した転職エージェントです。全てが20代向けの求人なので効率的な転職活動をするには最適といえます。マイナビグループならではの企業と太いパイプを生かし、豊富な求人情報も持っています。求人紹介の際には求人票に書かれていない「本当のところ」の情報も提供してくれますので、応募の際に検討すべきことがクリアできると言えます。求人数は少ないですが質で勝負の転職エージェントです。たくさんの求人に応募したい方には向きませんが、良い求人だけに応募したい20代の方にはおすすめの転職エージェントです。

Sponsored Links

ニュースレターを購読する

新規記事投稿のお知らせをいたします。


タイトルとURLをコピーしました