転職サイトを使う上でのメリット・デメリットとは?


転職媒体として欠かすことの出来ないのが転職サイトです。ここではその仕組みとメリット・デメリットを解説したいと思います。

転職サイトの仕組み

転職サイトは求人サイトとも呼ばれています。

主なサービスは求人を掲載し、転職サイトに登録すると求人応募も出来るというものです。

転職サイトによっては、スカウトサービスを受けることが出来ます。

スカウトとは、登録されたあなたの履歴書・職務経歴書を見て、企業や転職エージェントが求人のオファーをするものです。

さて、転職サイトの仕組みですが意外とシンプルなものとなっています。

企業、または転職エージェントが掲載料を払って、求人を転職サイトがのせることで、成り立っています。

そのことによって、転職希望者は無料でサービスを利用することが出来るのです。

転職サイトに掲載されている求人の場所や広さは、掲載料によっているのです。

掲載料が高い企業は良い場所に求人を掲載してもらえます。

ホワイト企業だから、目立つところに掲載されているわけではないのです。

採用に力を入れているから高い掲載料を払うという見方も出来ます。

求人広告として企業の名前を売るためかもしれません。

転職サイトは多くの人が見るので、宣伝効果があるのです。

会社としては投資をしてもよい案件でしょう。

 

転職サイトのメリット

転職サイトを使うメリットは多くあります。

後ほど説明するデメリットも考慮しつつ、利用しましょう。

以下のメリットがあります。

 初めての転職の方にも使いやすい。

 将来のキャリアを考える上で参考になる性格診断がある転職サイトが多い。

 求人検索が簡単で一度検索すると、検索条件を保存できる。さらにヒットしたら、メールで教えてくれる転職サイトがほとんどである。

 ほかの転職媒体に比べて、気軽に応募することができる。

 在職中の方は転職中であることがバレずに転職活動ができる。

 スカウトによって、思わぬオファーが来ることがある。

転職サイトは転職媒体の中心とも言えます。

メリットが多いのは当然ですね。

 

転職サイトのデメリット

メリットに対して、転職サイトのデメリットも当然あります。

一言で言うと結構な手間がかかるということです。

 求人票以外の情報を入手することが困難である。

 応募書類は全て自力で完成させる必要がある。

 面接の練習も一人で行う。

 面接日程調整を行う必要がある。

 内定が出たら、承諾するか辞退するかの情報は自分で集める必要がある。

 円満に退職するために必要な情報は自力で集める必要がある。

 企業への応募であれば、ハローワークを使うのと変わらない。

 掲載されている求人がとてもややこしい。

 会社が直接掲載している求人

 転職エージェントが企業に依頼されてそれを掲載しているもの

 これは転職サイトの最大のデメリットである。

なぜかというと、これが転職サイトと転職エージェントの違いを分かりにくくしているからです。

転職活動を行っている方の中には、転職サイトは転職エージェントのような転職支援を行ってくれると勘違いしている人が意外と多いんです。

転職サイトを通して応募すると有利だとよく聞きます。

転職サイトは求人を掲載する媒体です。

それ以上のサービスは行いません。

なので、転職活動の最初のうちは流れをつかむために利用するのが良いのです。

いつまでも転職サイトを使っていてはいけません。

すぐに転職エージェント中心の転職活動へと移行しましょうね。

転職サイトは悪いと言っているわけではないのです。

企業と求人、転職エージェント、転職サイトの関係を把握していれば使いやすいのです。

これらの関係は遅かれ早かれ理解する必要があります。

転職サイトを使いつつ、勉強すればいいんです。

ただ転職サイトのデメリットとしては、求人構造がわかりにくいというのはほんとうなので、あげさせて頂きました。

 

まとめ

転職サイトのメリット・デメリットの主なものをまとめますね。

 いつでも誰にも知られずに気軽に応募可能

 スカウトを利用して思わぬオファーがもらえることがある

 求人構造がわかりにくい

 事務手続きは全て自分で行う必要がある

 求人情報が少ない


 【リクナビNEXT】への登録はこちら

 【リクルートエージェント】への登録はこちら


トップへ戻る

転職に関するお悩みは何でもお気軽にお問い合わせください。









本日のランキングクリックありがとうございました(^^)/

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職情報・転職サイトへ

ニュースレターを購読する

新規記事投稿のお知らせをいたします。