転職エージェントに使われないための手順

転職エージェント
この記事は約9分で読めます。
Sponsored Links

転職エージェントは転職活動にはなくてはならないものです。しかしそれも「使い方」という条件次第です。上手く利用できないのであれば、転職活動の邪魔にさえなり得ます。転職エージェントは決してボランティアであなたの転職支援サービスを提供するのではありません。転職エージェントは目的があって、あなたの転職支援をするのです。そのことを理解すれば、自ずと転職エージェントを利用できるでしょう。決して利用されてはいけないのです。

Sponsored Links

転職エージェントに使われないための手順

転職エージェントに使われないための手順

 

転職エージェントはボランティア団体ではありません。

転職エージェントにとって好都合でもあなたは希望する幸せな転職を実現できなければ何もなりません。

 

そのためには転職エージェントはどんな仕組みで利益を得ているかを理解することが第一です。

以下に転職エージェントに使われないための手順を示します。

 

  • 転職エージェントのビジネスモデルを理解する
  • 転職エージェントにとっての顧客はあくまでも企業
  • 求職者は企業に候補者を紹介するための商品と割り切る
  • はずれのコンサルタントに当たったら迷わず担当者変更せよ
  • 意に沿わない求人紹介は断れ
  • 転職エージェントに利用されるなら、使わないほうがまし

 

これから各項目の説明をしたいと思います。

とても重要な内容ですので読んで頂ければと思います。

 

 

転職エージェントの顧客は誰か?

転職エージェントの顧客は誰か?

 

言うまでもなく転職エージェントは営業利益を上げることを目的としています。

それではなぜ求職者であるあなたが無料で利用できるのでしょうか?

 

誰にも聞けない転職エージェントのメリット・デメリットを解説します!には転職エージェントのメリット・デメリットを書いていますのでそちらも読んで頂けると良くわかると思います。

あなたが全て無料で転職エージェントのサービスを利用できるのにはもちろん理由があります。

 

誰にも聞けない転職エージェントのメリット・デメリットを解説します!
転職活動で最も利用されているのが転職エージェントです。転職媒体には、ハローワーク、転職サイト、転職エージェントの3つがあります。メリット・デメリットをほかの媒体と比較することでわかりやすく説明します。

 

転職エージェントのビジネスモデルが大きく関係しているのです。

  • 企業が欲しい人材を転職エージェントに依頼
  • 転職エージェントは適任者を探して、企業に推薦する
  • 応募者と企業とで労働契約が成立すると、企業は成功報酬として予定年収の30%程度を転職エージェントに支払う

 

これが転職エージェントのビジネスモデルです。

企業から対価を得ているのですから、転職エージェントにとっての顧客は企業です。

 

転職エージェントを使う上でこのビジネスモデルはとても重要です。

これを理解して利用するのとしないのとでは、あなたが転職エージェントを使うメリットも変わってきます。

 

企業に推薦する候補者があなたであることに変わりありません。

転職エージェントにとっては大事な財産になりますので、無料で利用できるのは当然なのです。

 

企業に紹介できる人材がいなければ商売にはなりませんからね。

あなたは企業のために存在する大事な存在なんです。

 

大事な財産であることには変わりないですが、それは利用価値があると判断された場合です。

求人紹介される人とそうでもない人がいるのは、このような転職エージェントの仕組みのせいです。

 

転職サイトには転職サイトなりのビジネスモデルがあります。

ハローワークは公的機関ですので、どちらが顧客ということはありません。

 

転職媒体によって儲かる仕組みであるビジネスモデルが違います。

転職エージェントは企業第一主義で運営されています。

 


【リクルートエージェント】

 

 

あなたは商品だと割り切ること

あなたは商品だと割り切ること

 

求職者であるあなたは企業に推薦する候補者の一人あることを先程ご説明いたしました。

求人ごとに相応しい人を探し、企業に推薦・紹介するのがエージェントの大事な役割です。

 

エージェントの立場からみると、自信を持って企業に推薦できる求職者を探さなければいけません。

企業から信頼を失ったら転職エージェントはおしまいだからです。

 

そのために出来るだけ企業が望む人材に近い求職者を探すのです。

登録者に相応しい人がいなくても、エージェントは諦めません。

転職サイトにアクセスしてスカウトメールを出すことだって、並行して行うのです。

 

つまりエージェントにとって「求職者は商品に過ぎない」んです。

 

転職エージェントを使うなら、あなたは商品として扱われていることは割り切ってください。

 

 


【リクルートエージェント】

 

 

エージェントに当たりハズレはある

エージェントに当たりハズレはある

 

転職エージェントの担当コンサルタントの能力にばらつきがあるのも事実です。

人材ビジネスは競争が激しいので、離職率がとても高い仕事です。

 

コンサルタントとして長い間働いている人は経験上、信頼できる場合が多かったです。

逆に若いコンサルタントの場合はエージェントとして働いている期間が1年未満である可能性が大きいので、気をつけたほうが良いでしょう。

 

もちろん年齢だけで判断してはいけません。

その場合はあなたの第一印象で判断した方が良いでしょう。

人間の第六感というものはなぜか当たりやすいですからね。

 

転職という大事なイベントをサポートしてもらうわけです。

話しにくい人では決して転職活動はうまくいかないでしょう。

 

エージェント、コンサルタントは人間力が大事です。

あなたとうまくやっていけるコンサルタント、顧客に信頼されるコンサルタントは多くはいません。

 

彼ら彼女らはヒューマンスキルがあるので、多くの求職者を担当しているのが多いでしょう。

 

最初のキャリア相談でコンサルタントの当たりはずれはわかると思います。

担当者変更は早い方が絶対によいので、すぐに変えてもらってください。

 

【リクルートエージェント】 WORKPORTなどの大手転職エージェントではウェブサイトからの担当コンサルタント変更ができます。

その他の転職エージェントも直接コンサルタントに変更したいことを言う必要はありません。

 

窓口が必ずありますので、連絡しましょう。

転職エージェントとしても売り上げに響きますので、担当者変更にすぐ応じてもらえます。

 

遠慮せずに担当者変更を依頼してください。

 


【リクルートエージェント】

 

 

逆に転職エージェントを利用すべき

逆に転職エージェントを利用すべき

 

あなたにはあなたなりのキャリアプランがあるはずです。

これからどのような業種で、どんな職種で、どんな立場で働いていきたいか?など。

 

あなたなりの将来像はあるはずです。

転職の目的に反してまで、求人に応募する必要はありません。

 

転職の目的にあっている求人を他の転職媒体で見つけた場合はどうすればいいでしょうか?

その場合はその転職媒体から応募しないほうがいいでしょう。

 

そうすると直接応募になってしまいます。

それよりは転職エージェントの推薦で応募した方が有利に転職活動ができます。

 

選考に際しても待遇交渉に際してもです。

求人紹介以外にも転職エージェントは多くの転職支援サービスを行っています。

提供できるサービスの範囲内で転職エージェントを徹底的に利用すべきです。

 

【おすすめ】初めての転職で登録したい転職エージェント11社を厳選
転職活動を行う上で転職エージェント、転職サイトなどの転職媒体を上手く選択することは転職経験がない方には難しいと思います。転職エージェントの特徴はコンサルタントという人を介することです。しかし、それだけではなく転職エージェントの保有している求人などにも特徴があるのも事実です。転職経験が3回ある筆者は転職活動で数十社の転職エージェントを使ってきました。また採用担当者としても、数社の転職エージェントと契約を結んで求人を依頼した経験もあります。ここでは使ってみて良かった転職エージェントを厳選してご紹介しますので、転職活動の参考にしてくださいね。

 


【リクルートエージェント】

 

 

転職エージェントに利用されないために

転職エージェントに利用されないために

 

転職エージェントはあなたを企業に売り込む商品として見ています。

それ以上でもそれ以下でもないです。

 

転職ノウハウを教えてもらうのは求人紹介に関わらずいつでも可能です。

電話でもいいですし、メールでもいいでしょう。

 

登録して最初の面談だけではあまりにももったいないです。

先ほども書きましたが、かなり使えるノウハウですので繰り返します。

 

例えば転職サイトやハローワークで応募したい求人を見つけたとします。

その場合には転職エージェント経由で応募した方が選考に際しても有利です。

 

応募したい求人を転職エージェントの保有求人にしてもらいましょう。

転職エージェントとしても求人数が増えるのは嬉しいことですので、この方法は活用しましょう。

 

【おすすめ】初めての転職で登録したい転職エージェント11社を厳選
転職活動を行う上で転職エージェント、転職サイトなどの転職媒体を上手く選択することは転職経験がない方には難しいと思います。転職エージェントの特徴はコンサルタントという人を介することです。しかし、それだけではなく転職エージェントの保有している求人などにも特徴があるのも事実です。転職経験が3回ある筆者は転職活動で数十社の転職エージェントを使ってきました。また採用担当者としても、数社の転職エージェントと契約を結んで求人を依頼した経験もあります。ここでは使ってみて良かった転職エージェントを厳選してご紹介しますので、転職活動の参考にしてくださいね。

 

求人紹介されるのを待っているだけでは利用されていると言えます。

転職エージェントが価値があると思うような求人をあなたから提案することで、お互いに信頼関係も築けます。

 

転職エージェントが紹介する求人が意に沿わない場合ははっきりと断りましょう。

転職エージェントの言われるがままに転職してもいいことはありません。

 

転職エージェントに利用されるなら使わないほうがましです。

 


【リクルートエージェント】

 

 

まとめ

 

ここまで読んで下さりありがとうございます。

今までの内容を今一度繰り返します。

 

  • 転職エージェントのビジネスモデルを理解する
  • 転職エージェントにとっての顧客はあくまでも企業
  • 求職者は企業に候補者を紹介するための商品と割り切る
  • はずれのコンサルタントに当たったら迷わず担当者変更せよ
  • 意に沿わない求人紹介は断れ
  • 転職エージェントに利用されるなら、使わないほうがまし

 

本サイト名の真意は「転職エージェントに使われるくらいなら、使うな」です。

理解して頂ければ転職活動はより効率的に進むと思います。

 

【おすすめ】初めての転職で登録したい転職エージェント11社を厳選
転職活動を行う上で転職エージェント、転職サイトなどの転職媒体を上手く選択することは転職経験がない方には難しいと思います。転職エージェントの特徴はコンサルタントという人を介することです。しかし、それだけではなく転職エージェントの保有している求人などにも特徴があるのも事実です。転職経験が3回ある筆者は転職活動で数十社の転職エージェントを使ってきました。また採用担当者としても、数社の転職エージェントと契約を結んで求人を依頼した経験もあります。ここでは使ってみて良かった転職エージェントを厳選してご紹介しますので、転職活動の参考にしてくださいね。

 


【リクルートエージェント】

 

トップへ戻る

この転職エージェントの特徴は求人保有数と質の高さともに優れているということです。優良求人の目安となる非公開求人が90%にも及び、その件数は20万件と他の転職エージェントを寄せつけない強さです。情報量の豊富さからも必ず役に立つ転職エージェントです。

転職サイトと転職エージェントとが一体になっていて、とても使いやすいのがdodaの特徴です。デメリットとしては応募履歴をきちんと管理しておかないといけないということです。転職エージェントはアドバイザー任せですが、転職サイトで応募した求人であればあなた自身が動く必要があるからです。それだけ気をつければ業界第2位の転職エージェントは一度は使ってみましょう。

多くの転職エージェントは求人を受注する営業部隊と求職者をサポートするアドバイザー部隊とに分かれています。いわゆる分業制なのですが、この転職エージェントは営業も転職希望者サポートも一人のコンサルタントが行う一気通貫体制をとっています。そのため、求人に関する情報は営業に聞く必要がなく対応もスピーディーです。アドバイザーが求人のことをよく知っているのはとても重要なことです。分業制が良くないというのではありません。両者を比較しながら使うのがおすすめです。

高給料・高待遇求人を主に35歳以上のミドル向けに揃えている業界3位の転職エージェントです。求人紹介に至るまでの関門が他の転職エージェントよりも高いのがデメリットですが、逆に言えばここに登録できればハイスペック求人を紹介してもらえるということです。特に外資系求人に強いので、希望条件に合っている方は登録しておきたいところです。

ここは第二新卒に特化した転職エージェントです。全てが20代向けの求人なので効率的な転職活動をするには最適といえます。マイナビグループならではの企業と太いパイプを生かし、豊富な求人情報も持っています。求人紹介の際には求人票に書かれていない「本当のところ」の情報も提供してくれますので、応募の際に検討すべきことがクリアできると言えます。求人数は少ないですが質で勝負の転職エージェントです。たくさんの求人に応募したい方には向きませんが、良い求人だけに応募したい20代の方にはおすすめの転職エージェントです。

マイナビエージェントはマイナビジョブ20'sと同様、20代向けの転職エージェントですが求人数に重きを置いています。エリアに関してもマイナビジョブ20'sよりは広いので、両方を上手く活用すると良いでしょう。マイナビジョブ20'sが求人の質に重点を置いているので、両方を使っていないと良い求人を見逃してしまいます。もちろん最大手のリクルートエージェントやdodaは登録必須です。

レバテックキャリアは代表的なIT特化型転職エージェントです。求人数はさほど多くはありませんが、コンサルタントの能力がとても高いのであなたの保有スキルに相応しい求人を紹介してくれます。特化型エージェントならではの専門性の高いコンサルタントが多数在籍していますので、あなたの専門分野を理解できないなどということはありませんのでご安心ください。

BINARはビズリーチが運営するIT系求人に特化した転職エージェントです。届くスカウトは年収1000万円以上の求人に限られます。ビズリーチならではですね。ITエンジニアはこれからも産業の中核を担っていくことは確実ですので、需要は増える一方です。ぜひ使っておきたい転職エージェントですね。

東京・神奈川・埼玉・千葉の1都3県のエリア限定の転職エージェントです。エリアがネックになりますが、コンサルタントの転職支援にはとても定評があります。大手の場合はコンサルタントは100人程度を担当することになるので、一人にさくサポート時間はどうしても短くなってしまいます。type転職エージェントは中堅どころの規模ですから、丁寧なアドバイスが可能なのです。転職ノウハウの吸収にはぜひとも利用したい転職エージェントです。

ランスタッドの特長は何といっても「外資系に強い」ということです。しかし求人数はJAC Recruitmentには遠く及びません。外資系を希望する人はJAC Recruitmentとランスタッドの登録はしておいて損はありません。またここのコンサルタントはとてもドライですので、内定辞退をしたとしても特にとがめられることはないでしょう。

ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズは英語を使う求人に特化した転職エージェントです。外資系はもちろんのこと日系でもグローバル企業では英語を使って働くことができます。英語力に自信があり、その能力を活かした転職をしたい方には相応しい転職エージェントです。

第二新卒限定の戦略コンサル養成所です。企業はさまざまな経営課題を抱えています。第三者的な観点から経営者に提案をする仕事が戦略コンサルです。年収は1,000万円を軽く超えますし、経営者と直接コミュニケーションが取れる点でもやりがいがありますよね。ただし戦略コンサルになるためには難関の面接を突破しなければいけません。戦略コンサルに特化した転職エージェントを使う方法もありますが、STRATEGY:BOOTCAMPではマンツーマンの講義が行われるため、有料ではありますが結局は戦略コンサルへの近道と言えます。

Sponsored Links
タイトルとURLをコピーしました