転職エージェントを使うのに向いている人とは?

転職エージェント
この記事は約5分で読めます。
Sponsored Links

転職エージェントはとても有効な転職媒体ですが、人によっては向き不向きがあります。直接応募をした方がいい人もいるのも事実なのです。ここでは転職エージェントを使うのに向いている方を挙げますので、あなたの転職活動の参考にしてください。

Sponsored Links

転職理由が明確な方

 

転職エージェントに登録するとあなたと担当アドバイザーとでキャリア面談がまず行われます。

面談ではあなたがどのような業種・職種を目指しているかは必ず聞かれることです。

 

 

 

どのような方向性で転職活動を行うかということはとても大事です。

そしてそれは転職理由が明確になっていれば、自ずと転職の方向性も決まってきます。

 

 

 

言うまでもなく転職エージェントはあなたに求人紹介をしてくれるところです。

あなたの転職理由が明確でないのであれば、まだ転職エージェントを使うのは時期尚早であると思われます。

 

 

 

転職活動では転職理由を明確にするのは必須ですので、本項目については時期の問題であると言い切れます。

自己分析、キャリアの棚卸しをしっかりと行えば転職理由は明確になります。

 

 

 

まだ転職の方向性が定まっていない方はまずはハローワークや転職サイトを使うのも良いでしょう。

転職理由が明確になれば、いつまでも転職サイトを利用するのはもったいないです。

 

転職エージェントをメインに移行しましょう。

 


【doda】に相談する

【リクルートエージェント】への登録はこちら


 

 

給料アップにこだわる方

 

 

 

給料アップが転職の目的の方は転職エージェントを使いましょう。

転職エージェントは出来るだけあなたを高く売りたいのです。

 

 

 

年収交渉をしてもらうことであなたの希望が叶うかもしれないのです。

直接応募の場合はあなたと企業とで年収交渉をする必要があります。

 

 

 

内定直前で年収交渉するのはとても勇気のいることですよね?

エージェントは年収交渉には慣れていますので良い結果を簡単に出せます。

 

 

 

一番難しいのは交渉時期ですが、エージェントはそのノウハウを持ち合わせています。

年収アップにこだわるのであれば、転職エージェントを絶対に使うべきです。

 


【doda】に相談する

【リクルートエージェント】への登録はこちら


 

 

アドバイスを受けながら転職活動したい方

 

 

 

転職活動をするにあたって、自ら求人を探して応募できるタイプとそうではない方がいらっしゃいます。

応募書類や面接対策も全て自分で出来る方は転職サイトを使った方が良いでしょう。

 

 

 

そうじゃなくて初めての転職の方などはどのように転職活動をすればよいのかわからないものです。

最低でも転職理由を説明できるようにする必要はありますが、それ以降については転職支援サービスを受けながら、転職活動する方が効率的だと思います。

 

例えば受験勉強の時に塾や予備校に通っていた方は、転職エージェントを使った方が良いでしょう。

これは性格も影響します。

 

予備校に頼らずとも受験突破した方々には転職エージェントは不要だと思います。

あなたはどちらのタイプでしょうか?

 

 

 

転職活動は基本的には孤独なものです。

しかし一緒に考えてくれるアドバイザーがいれば心強いのではないでしょうか?

 

 

 

あなたは孤独に耐えられるほど強いでしょうか?

それとも時には誰かに頼りたいでしょうか?

 


【doda】に相談する

【リクルートエージェント】への登録はこちら


 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

今までのことをまとめます。

 

 

転職エージェントを使った方が良い人は以下のようなタイプです。

 

  • 転職理由が明確
  • 年収アップにこだわっている
  • アドバイスを受けながら転職活動したい

 

 

 

 

どうでしょう?

ほとんどの人は転職エージェントを使った方が良いのではないでしょうか?

 

 

 

あなた一人で全て解決できる場合は転職エージェントは必要ないですが、ほとんどの方はアドバイスを受けながら転職活動した方が良い結果を出すと思います。

まずはキャリア相談から始めてみましょう。

 

 

 

転職成功する方は行動が早いです。

もしも迷っているのでしたら使ってみましょう。

 

 

 

全て無料で使えますのであなたに損はないのです。

デメリットもないのです。

 

 

 

向かないと思ったら使うのをやめれば良いだけです。

まずは使ってみる勇気を持ちましょう。

 


【doda】に相談する

【リクルートエージェント】への登録はこちら


絶対に登録しておきたい転職エージェント8選!

トップへ戻る

この転職エージェントの特徴は求人保有数と質の高さともに優れているということです。優良求人の目安となる非公開求人が90%にも及び、その件数は20万件と他の転職エージェントを寄せつけない強さです。情報量の豊富さからも必ず役に立つ転職エージェントです。

求人に応募する際には口コミ情報収集が欠かせません。キャリコネは代表的な口コミサイトです。口コミ以外では特にリアルな「給与明細」が評判です。私も転職活動中、応募の際には必ずチェックしていました。求人票では本当の月給はわかりません。内定が出る前におおよその相場を知っておくことは大切です。キャリコネではさらに大手転職サイトに掲載されている求人を一括で検索でき、応募も可能です。応募した後は面接レポートも掲載されていますので、面接対策もある程度独力で出来ます。転職エージェントも併用すると鬼に金棒でしょう。

多くの転職エージェントは求人を受注する営業部隊と求職者をサポートするアドバイザー部隊とに分かれています。いわゆる分業制なのですが、この転職エージェントは営業も転職希望者サポートも一人のコンサルタントが行う一気通貫体制をとっています。そのため、求人に関する情報は営業に聞く必要がなく対応もスピーディーです。アドバイザーが求人のことをよく知っているのはとても重要なことです。分業制が良くないというのではありません。両者を比較しながら使うのがおすすめです。

転職サイトと転職エージェントとが一体になっていて、とても使いやすいのがdodaの特徴です。デメリットとしては応募履歴をきちんと管理しておかないといけないということです。転職エージェントはアドバイザー任せですが、転職サイトで応募した求人であればあなた自身が動く必要があるからです。それだけ気をつければ業界第2位の転職エージェントは一度は使ってみましょう。

ここは第二新卒に特化した転職エージェントです。全てが20代向けの求人なので効率的な転職活動をするには最適といえます。マイナビグループならではの企業と太いパイプを生かし、豊富な求人情報も持っています。求人紹介の際には求人票に書かれていない「本当のところ」の情報も提供してくれますので、応募の際に検討すべきことがクリアできると言えます。求人数は少ないですが質で勝負の転職エージェントです。たくさんの求人に応募したい方には向きませんが、良い求人だけに応募したい20代の方にはおすすめの転職エージェントです。

Sponsored Links

ニュースレターを購読する

新規記事投稿のお知らせをいたします。


タイトルとURLをコピーしました