転職サイトを上手く使う方法は?

転職サイト
この記事は約4分で読めます。
Sponsored Links

転職サイトの活用は転職活動に欠かせないものです。全てのサービスを利用する必要は果たしてあるでしょうか?それは...

Sponsored Links

転職サイトの主なサービスは3つ

転職サイトの主なサービスとしては3つあります。

✅求人の掲載

✅スカウト

✅求人の応募

転職活動が進むにつれて、登録する転職サイトの数は増えていきます。

転職サイトで全てのサービスを使うのが果たしていいのでしょうか?

転職サイトを転職媒体の中心に転職活動するのでしたらそれでも良いでしょう。

ただより良い転職先を探すには、転職エージェントを中心に使う必要があります。

転職サイトの運用が負担にならないような使い方をご提案します。

是非一度検討してみてください。

 

求人検索をする目的で使う

転職サイトには大企業の求人も掲載されています。

ハローワークに比べても質の良い求人が掲載されているといえます。

デメリットとしては、求人情報が少ないことです。

このデメリットを補う手段として、転職サイトで見つけた求人を転職エージェントに持ち込み応募する方法をオススメします。

転職エージェントに求人をもっていくと、取引先であれば応募できますし、そうでなければ求人をとってきてくれるでしょう。

転職エージェントとしても、新規顧客ができるのはもちろん売り上げ増につながるわけです。

ただどんな求人でも受け付けてくれるわけではありません。

転職エージェントにとってプラスにならなければ、難しいでしょう。

差別化できない求人は転職エージェントは欲しがりません。

つまり良い求人を探すことですね。

 

求人検索する目的でシンプルに使うことが利用法の一つ目です。

求人によっては転職エージェント経由で応募することで、詳しい求人情報が入り、内定率が上がりますので検討してみましょう。

 

スカウトを利用する

スカウトサービスはあなたのレジュメを見た企業や転職エージェントがあなたにオファーするものです。

必ずしも選考通過の保証はありませんが、チャンスは広がることは間違いないでしょう。

転職サイトで最も利用価値のあるサービスはスカウトです。

メリットとしては、思わぬオファーが来る場合があります。

転職エージェントからのオファーの場合、その傾向が強いです。

デメリットとしては、多数のミスマッチオファーが届くことです。

そのため、メールボックスがいっぱいになります。

本来読むべき優良求人のオファーを見逃さないように、メールチェックはこまめに行いましょう。

不要なスカウトはすぐに破棄することです。

そうしないとメールが整理できませんので。

私が使っている転職サイト【リクナビNEXT】のスカウト画面です。

このようにスカウトはかなりの数来ます。

あなたが応募したいと思う求人はそんなにないかもしれません。

数が相当ですので、必ず応募したいオファーが来ることは確かです。

スカウトサービスはレジュメをこまめに更新することによって、オファーが来やすくなります。

スカウトサービスを使うことが二つ目の利用法です。

 

転職サイトの使い方

転職サイトは目的別に使い分けるのが良いと思います。

一つの転職サイトで求人検索、スカウトサービス、応募をするのでも良いのです。

ただ転職サイトによって、あなたに合う合わないが出てくると思うんです。

なので最初のうちはひたすら求人検索をしましょう。

応募出来そうな求人がありそうでしたら、その転職サイトは求人検索専門で利用できます。

見つけた求人はそのまま転職サイトから応募しても良いですし、懇意にしているエージェントがいれば相談してみましょう。

きっとあなたを推薦してくれますよ。

 

一方、あまり求人が見つからない時はスカウトサービスでオファーが来るのを待つ転職サイトとして利用できます。

手間なのはメールの整理ですが、これをやらないと宝の持ち腐れです。

こまめにメールチェックをしてくださいね。

スカウトメールが来たら、関心がある求人であればすぐにウェブサイトにアクセスし、応募しましょう。

求人の応募管理は転職サイトにログインすると、進捗管理する画面があります。

それを利用しましょう。

全体の求人進捗管理はスプレッドシートなどで管理すると良いですよ。

転職サイトは負担にならないように使い分けるのがコツです。

そして転職媒体の中心は転職エージェントにシフトしていきましょう。


【リクナビNEXT】への登録はこちら

絶対に登録しておきたい転職エージェント8選!

トップへ戻る

この転職エージェントの特徴は求人保有数と質の高さともに優れているということです。優良求人の目安となる非公開求人が90%にも及び、その件数は20万件と他の転職エージェントを寄せつけない強さです。情報量の豊富さからも必ず役に立つ転職エージェントです。

求人に応募する際には口コミ情報収集が欠かせません。キャリコネは代表的な口コミサイトです。口コミ以外では特にリアルな「給与明細」が評判です。私も転職活動中、応募の際には必ずチェックしていました。求人票では本当の月給はわかりません。内定が出る前におおよその相場を知っておくことは大切です。キャリコネではさらに大手転職サイトに掲載されている求人を一括で検索でき、応募も可能です。応募した後は面接レポートも掲載されていますので、面接対策もある程度独力で出来ます。転職エージェントも併用すると鬼に金棒でしょう。

多くの転職エージェントは求人を受注する営業部隊と求職者をサポートするアドバイザー部隊とに分かれています。いわゆる分業制なのですが、この転職エージェントは営業も転職希望者サポートも一人のコンサルタントが行う一気通貫体制をとっています。そのため、求人に関する情報は営業に聞く必要がなく対応もスピーディーです。アドバイザーが求人のことをよく知っているのはとても重要なことです。分業制が良くないというのではありません。両者を比較しながら使うのがおすすめです。

転職サイトと転職エージェントとが一体になっていて、とても使いやすいのがdodaの特徴です。デメリットとしては応募履歴をきちんと管理しておかないといけないということです。転職エージェントはアドバイザー任せですが、転職サイトで応募した求人であればあなた自身が動く必要があるからです。それだけ気をつければ業界第2位の転職エージェントは一度は使ってみましょう。

ここは第二新卒に特化した転職エージェントです。全てが20代向けの求人なので効率的な転職活動をするには最適といえます。マイナビグループならではの企業と太いパイプを生かし、豊富な求人情報も持っています。求人紹介の際には求人票に書かれていない「本当のところ」の情報も提供してくれますので、応募の際に検討すべきことがクリアできると言えます。求人数は少ないですが質で勝負の転職エージェントです。たくさんの求人に応募したい方には向きませんが、良い求人だけに応募したい20代の方にはおすすめの転職エージェントです。

Sponsored Links

ニュースレターを購読する

新規記事投稿のお知らせをいたします。


タイトルとURLをコピーしました