職務経歴書に書くべき項目とは?

履歴書・職務経歴書
この記事は約4分で読めます。
Sponsored Links

職務経歴書はフリーフォーマットですが、書くべき項目はほとんど決まっています。職務経歴書の構成を知っているのと知らないのとでは、雲泥の差です。職務経歴書の構成、それは……

Sponsored Links

職務経歴書の構成とは?

先に答えを書いてしまいましょう。

引っぱるほどのことではないですから。

中身に何を書くかの方が重要ですからね。

 

職務経歴書の構成は上図が一般的です。

まず最初にコアスキルを書きます。

コアスキルとは、あなたが特にアピール出来る核となるスキルのことです。

今までの職務を通して、結果を出してきたことや求人が注目するであろう経験スキルも掲載すると良いでしょう。

ここは導入部なのでコアスキルの中身次第でそれ以降が読まれるかが決まると言っても良いでしょう。

 

次に来る要約はあなたの職務経歴を2~3行でまとめたものです。

転職経験があったとしても、職務としては一貫性がある方が多いと思います。

それを中心に書くのが良いですね。

 

職務概要は経験した会社ごとに書きます。

その会社での主な職歴を2~3行で書きます。

 

職務詳細は会社ごとの職務経歴を読み手に分かるように十分な情報を提供します。

年代の古い順に書きます。

所属が変わったり、昇進したり、あなたにとっての区切りがあるはずです。

 

コアスキル

職務経歴書の最初に書くコアスキルの印象次第で、そのあと採用担当者に読まれるかどうかが決まります。

求人への応募者数は半端なく多いです。

なので、全部は読んでられないのです。

 

私が書類選考をしていた時も、1分程度でざっと読んでいました。

それだけの時間があれば、大体はわかります。

整理されて書かれている応募者の場合は、内容が過剰でなく本当に適度です。

 

導入部のコアスキルでは求人票に訴えうるスキルをまずは書きましょう。

あなたの得意分野でも求人が要求していないのであれば、書かないほうが良いです。

 

要約

要約ではあなたの職務経歴全体をサマリとして示すところです。

どんな仕事を何年行ってきたのかの概要がわかるようにしましょう。

第二新卒の方の場合でも何かあるはずです。

例えばその場合は一生懸命に取り組んだことを書きましょう。

この部分はコアスキルと被らないように注意しましょう。

なので、要約はなくても良いかもしれません。

読み手のことを考えると、要約があった方が読みやすいです。

いきなり深い話になると、読み手が興味を失うリスクがあるからです。

その意味でも要約は必要だと私は思います。

 

職務概要

職務概要は勤務した会社ごとに書きます。

なので、その会社でどんな実績を残したかを中心に書きます。

そうすると関心を持ってもらえ、次のセクションを読んでもらえます。

職務詳細を読んでもらうための呼ぶ水として重要なところです。

気を抜かずに書きましょう。

会社の概要も書いておきましょう。

事業内容、資本金、従業員数、売り上げ、などです。

採用担当者が気を引く事業だとプラスに働きます。

書いておいてマイナスはありませんので、会社情報は書いておきましょう。

 

職務詳細

職務詳細は職務経歴書の中心です。

ここを読んでもらうためにコアスキルを書き、職務概要を書いているのです。

いきなり細かい話だと読んでもらえないので、それはある意味当たり前ですね。

期間 所属 職務 実績 勤務地
2000/4~2003/3 設計部 ●●の設計業務 設計事故ゼロ 東京
2003/4~2011/4 マーケティング部 全社的なマーケティング。●●を発掘 ●●を今後の会社の柱とすることに決定 大阪
2011/5~ 企画部 会社の方向性を決める商品を企画する ●●を企画し、採用される 名古屋

職務経歴詳細では表を使うと見やすいです。

中身はお一人ずつ異なるでしょうが、あなたの経験した職種、業界のテンプレートを検索してみるのも良いでしょう。

できるだけ箇条書きで書き、読み手のことを考えましょう。

とにかく疲れさせてはこちらの負けです。

最後まで職務経歴書を読んでもらってこそ、本当の評価をしてもらえるのです。

 

転職エージェントを使うと書類の添削は行ってくれますので安心です。

あなたが独りよがりな文章を書いているかもしれません。

転職のプロならではのアドバイスをくれます。

私も何度も助かりました。

転職がはじめての方はぜひ相談だけでもしてみましょう。

職務経歴書の添削の前に転職の目的を明確にする助けになります。


【おすすめ】初めての転職で登録したい転職エージェント11社を厳選

トップへ戻る

この転職エージェントの特徴は求人保有数と質の高さともに優れているということです。優良求人の目安となる非公開求人が90%にも及び、その件数は20万件と他の転職エージェントを寄せつけない強さです。情報量の豊富さからも必ず役に立つ転職エージェントです。

転職サイトと転職エージェントとが一体になっていて、とても使いやすいのがdodaの特徴です。デメリットとしては応募履歴をきちんと管理しておかないといけないということです。転職エージェントはアドバイザー任せですが、転職サイトで応募した求人であればあなた自身が動く必要があるからです。それだけ気をつければ業界第2位の転職エージェントは一度は使ってみましょう。

多くの転職エージェントは求人を受注する営業部隊と求職者をサポートするアドバイザー部隊とに分かれています。いわゆる分業制なのですが、この転職エージェントは営業も転職希望者サポートも一人のコンサルタントが行う一気通貫体制をとっています。そのため、求人に関する情報は営業に聞く必要がなく対応もスピーディーです。アドバイザーが求人のことをよく知っているのはとても重要なことです。分業制が良くないというのではありません。両者を比較しながら使うのがおすすめです。

高給料・高待遇求人を主に35歳以上のミドル向けに揃えている業界3位の転職エージェントです。求人紹介に至るまでの関門が他の転職エージェントよりも高いのがデメリットですが、逆に言えばここに登録できればハイスペック求人を紹介してもらえるということです。特に外資系求人に強いので、希望条件に合っている方は登録しておきたいところです。

ここは第二新卒に特化した転職エージェントです。全てが20代向けの求人なので効率的な転職活動をするには最適といえます。マイナビグループならではの企業と太いパイプを生かし、豊富な求人情報も持っています。求人紹介の際には求人票に書かれていない「本当のところ」の情報も提供してくれますので、応募の際に検討すべきことがクリアできると言えます。求人数は少ないですが質で勝負の転職エージェントです。たくさんの求人に応募したい方には向きませんが、良い求人だけに応募したい20代の方にはおすすめの転職エージェントです。

マイナビエージェントはマイナビジョブ20'sと同様、20代向けの転職エージェントですが求人数に重きを置いています。エリアに関してもマイナビジョブ20'sよりは広いので、両方を上手く活用すると良いでしょう。マイナビジョブ20'sが求人の質に重点を置いているので、両方を使っていないと良い求人を見逃してしまいます。もちろん最大手のリクルートエージェントやdodaは登録必須です。

レバテックキャリアは代表的なIT特化型転職エージェントです。求人数はさほど多くはありませんが、コンサルタントの能力がとても高いのであなたの保有スキルに相応しい求人を紹介してくれます。特化型エージェントならではの専門性の高いコンサルタントが多数在籍していますので、あなたの専門分野を理解できないなどということはありませんのでご安心ください。

BINARはビズリーチが運営するIT系求人に特化した転職エージェントです。届くスカウトは年収1000万円以上の求人に限られます。ビズリーチならではですね。ITエンジニアはこれからも産業の中核を担っていくことは確実ですので、需要は増える一方です。ぜひ使っておきたい転職エージェントですね。

東京・神奈川・埼玉・千葉の1都3県のエリア限定の転職エージェントです。エリアがネックになりますが、コンサルタントの転職支援にはとても定評があります。大手の場合はコンサルタントは100人程度を担当することになるので、一人にさくサポート時間はどうしても短くなってしまいます。type転職エージェントは中堅どころの規模ですから、丁寧なアドバイスが可能なのです。転職ノウハウの吸収にはぜひとも利用したい転職エージェントです。

ランスタッドの特長は何といっても「外資系に強い」ということです。しかし求人数はJAC Recruitmentには遠く及びません。外資系を希望する人はJAC Recruitmentとランスタッドの登録はしておいて損はありません。またここのコンサルタントはとてもドライですので、内定辞退をしたとしても特にとがめられることはないでしょう。

ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズは英語を使う求人に特化した転職エージェントです。外資系はもちろんのこと日系でもグローバル企業では英語を使って働くことができます。英語力に自信があり、その能力を活かした転職をしたい方には相応しい転職エージェントです。

第二新卒限定の戦略コンサル養成所です。企業はさまざまな経営課題を抱えています。第三者的な観点から経営者に提案をする仕事が戦略コンサルです。年収は1,000万円を軽く超えますし、経営者と直接コミュニケーションが取れる点でもやりがいがありますよね。ただし戦略コンサルになるためには難関の面接を突破しなければいけません。戦略コンサルに特化した転職エージェントを使う方法もありますが、STRATEGY:BOOTCAMPではマンツーマンの講義が行われるため、有料ではありますが結局は戦略コンサルへの近道と言えます。

Sponsored Links
タイトルとURLをコピーしました