誰でもできる履歴書の書き方をお教えします!


履歴書は書き方が決まっています。そして、一度仕上げておけば良いものですのでしっかり書きましょう。

作成はパソコンで

まずは形式的な話から始めましょう。

よくパソコンがいいのか手書きがいいのか迷われる方がいらっしゃいます。

 

手書きの履歴書は個人情報保護上も安全とはいえません。

受け取る企業としては電子データの方が有難いです。

職務経歴書はパソコンで書くわけです。

履歴書とセットで保管する会社のことを考えても、履歴書はパソコンで作成しましょう。

そして大きさも職務経歴書と同じA4サイズに揃えることで気持ちよく読んで頂けます。

 

転職活動をするあなたにとっても、パソコンで作成することは時間の節約になるはずです。

一度作成しておけば、求人に応募する際に直す項目は日付と志望動機くらいだからです。

明らかに効率的に転職活動ができます。

 

項目ごとに省略せずに書きます

履歴書サンプル

履歴書はJIS規格のものを使います。

例えパソコンで作成する場合でも、まずはインターネットでJIS規格の履歴書のサンプルを検索して、使いやすいものをダウンロードしてください。

履歴書 JIS A4

で検索してみましょう。

ダウンロードしたら、さっそく書き始めましょう。

 

個人情報

 

項目 書き方
写真

インスタントは避けます。

写真館で履歴書用と言えば、サイズはもちろん、場合によっては軽い修正もしてくれます。

写真についてはプロのアドバイスを聞きながら撮影するのが一番です。

電子データでもらえますので、履歴書データに貼り付けます。

糊付けよりも良いと思います。

ただし、3か月ごとに写真は撮り直して下さい。

履歴書のルールですので、守りましょう。

日付 応募する日付にします。
氏名 あなたの姓名です。
ふりがな 氏名をひらがなで書きます。
生年月日 満年齢と生年月日です。

和暦か西暦で書類は統一します。

職務経歴書は一般的には西暦なので、読む人のことも考えて、履歴書と職務経歴書の年号は揃えておきましょう。

それがビジネスマナーというものです。

男女 ○で囲みます。
現住所 住民票記載通りに省略せずに書きます。

NG例:3ー1ー2

OK例:3丁目1番2号

郵便番号やふりがなも忘れずに書きましょう。

連絡先

特になければ、E-Mailアドレスを書いておきます。

電話

固定電話と携帯電話の番号を書きます。

携帯電話しかない場合は、それだけでも大丈夫です。

以上であなたの個人情報入力は終わりです。

 

学歴・職歴

次は学歴・職歴を書きます。

まずは【学歴】と書きます。

高等学校入学か卒業からで構いません。

超一流の中学校以外は中学校を書く意味がないからです。

 

学歴
2005 3 東京都立〇〇高等学校 普通科 卒業
2005 4 東京大学 理科一類 入学
2009 3 東京大学 工学部 電子工学科 卒業

というように正式名称で書いてください。

大学、大学院ももちろん書いてください。

大学名はその人のポテンシャルを見るのに使ったりします。

 

最終学歴まで書き終えたら、一行空けて、【職歴】と書きます。

職歴
2009 4 A株式会社 入社
    現在に至る(在職中の場合)
2019 3 A株式会社 退社
    以上(離職中の場合)

のように会社名は正式名称で書きます。

配属先や仕事内容は書く必要はないでしょう。

 

履歴書での職歴を書く意味は、

 転職回数は多すぎないか?

 離職中の場合は、期間が空きすぎていないか?

の確認です。

どんな仕事をしてきたか?については職務経歴書で確認されます。

 

職歴を一通り書き終わったら、在職中の方は「現在に至る」、離職中の方は「以上」で終わります。

この一行は忘れやすいので、必ず書きましょう。

 

項目 書き方
免許・資格

多くの資格がある方は求人に関係あるものだけ記載します。

資格は多ければ評価が高くなる訳ではありません。

必要最低限で構いません。

通勤時間

自宅から転職予定先までの時間を書きます。

交通費の参考にされますので、90分以内が望ましいです。

扶養家族 人数を書きます。
配偶者

有無のどちらかに○をつけます。

配偶者の扶養義務

有無のどちらかに○をつけます。

本人希望記入欄

「貴社規定に従います。」で良いです。

希望年収をわざわざ書く必要はありません。

 

志望動機は求人ごとに書きなおします

履歴書で最も重要な部分は志望動機です。

以下の2項目から構成されています。

 あなたが求人にアピール出来ること

 この会社に応募した理由。

あなたのアピールポイントも求人によって、書き方を変える必要があります。

例えば、管理職であればマネージメント経験を前面に出し、メンバーの募集であれば要求スキルが十分に独力で出来ることを強調します。

 

会社に応募した理由は、求人票だけでなく、あらゆるメディアから情報を取得して、あなたの思いをまとめましょう。

この部分を重視する会社には差があります。

調査をしておきましょう。

 

このように志望動機を書く際には、求人の情報や会社の詳しい情報が必要です。

本やインターネットにあるものは既知の情報ですので、ライバルに差がつけられません。

 

その対策としては転職エージェントから非公開情報を入手するということが一番です。

転職エージェントを使えば、エージェントは求人情報にとても詳しいですので、志望動機の作成はとても楽になります。

あなた一人で作成するよりも、エージェントに添削してもらう方が効果はずっとありますよ!

短時間で良いものが出来ますから。

 【リクルートエージェント】への登録はこちら

トップへ戻る

転職に関するお悩みは何でもお気軽にお問い合わせください。









本日のランキングクリックありがとうございました(^^)/

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職情報・転職サイトへ

ニュースレターを購読する

新規記事投稿のお知らせをいたします。