面接で良く出る質問は何か?

面接
この記事は約5分で読めます。
Sponsored Links

転職活動の中心となるのが面接です。ここでは面接の流れと主な質問を書きますので、本番をイメージしてみましょう。

Sponsored Links

面接の流れを理解する

書類選考を通過すると面接があります。

求人により違いますが1~3回くらい行われるのが通例です。

一次面接は人事主導で人物を観察するのが主です。

二次面接は現場責任者が主導であなたのスキルを細かくチェックします。

最終面接になると、役員クラスが加わりますので、幅広くあなたの人物、スキルを確認します。

 

いずれにしても面接に呼ばれたということは、書類選考でのスキルチェックは通過しているのです。

企業としてはどんな人物か会ってみたくなりますよね。

それが面接なんです。

関心があるから面接に呼んでいるのです。

あまり緊張せずに自然体でいきましょう。

 

面接にはある程度決まった型があります。

✅入室、面接、退室

です。

入室と退室はビジネスマナーを身につけていれば心配する必要はありません。

やはり重要なのは面接でどう答えるかということになります。

 

殆どの面接は「自己紹介」から始まります。

ここでいう自己紹介とは、職務経歴のことです。

当たり前ですが、趣味とかは話す必要はありません。

時間は3分以内でまとめてください。

コツは面接官が興味を引く内容はさらっと話すことです。

あっさりしすぎてると、聞き逃されてしまうので、ここはテクニックが必要ですね。

そのためにはあなたがアピールできることと、企業が欲しがっている人物像が一致している必要があります。

面接官が興味を持つのは募集背景にある要求スキルです。

それが出来ることをアピールしましょう。

そうすると会話が自然と弾むようになります。

 

その後の質問は「転職理由」でしょう。

事前準備で深掘りした転職理由を答えれば、面接官は安心します。

なぜ転職したのか?というのはとても重要です。

その答えが面接を受けている会社の方向性にあっていれば、面接官は食いつくこと間違いなしです。

転職理由は求人によって変えてはいけません。

それはあなたがどうなりたいかということだからです。

面接ごとに転職理由を変えると内容自体が薄っぺらなので、あとで痛い目にあいます。

気をつけましょう。

 

転職理由に関連して「志望動機」も聞かれます。

志望動機ははっきりと聞かれる場合は少ないです。

転職理由を聞けば大体わかるからです。

なぜうちの会社なの?は追加で聞かれますけど。

 

ここまでは定番の質問です。

つまり、聞かれることはほとんどわかっているのです。

 

面接で重要なことは準備であることがおわかりでしょう。

どの質問もその場で考えて答えるのは難しいです。

だからこそ事前準備が大切なんです。

 

想定される質問をあらかじめピックアップしておくことも大切ですね。

面接で聞かれる質問はほぼ決まっているので、求人によって回答を作り直すイメージで良いです。

 

初心者の方であればあるほど、手を抜きがちになります。

効果は絶大ですので、ぜひとも台本作りをしましょう。

もちろん棒読みになっては台無しです。

あなたの言葉で表現するようにセリフを作ります。

 

ここまで来ると、あとはあなたが何をしてきたかという質問に入ります。

面接の中盤になると、緊張もほぐれるでしょう。

自然体で答えてください。

 

最後は「何か質問はありますか?」という質問があります。

面接の最中で解決してしまう質問も想定されます。

5つほど用意しておけば大丈夫でしょう。

実際には2つくらいの質問をします。

 

そして、御礼の言葉を言って、退室の際はドアの音がしないように静かに閉めます。

面接の流れとしては、以上です。

 

よくある質問

面接でよくある質問を以下に挙げます。

職務に関する質問は各人で異なりますので、共通する質問だけに絞っています。

答え方としては物語形式で答えると良いです。

例えば、「私が会社を救った時のことをお話ししましょう。」というような感じですね。

No.質問
1自己紹介をお願いします。
2なぜ転職しようと思ったのですか?
3弊社へ応募した理由は?
4成功体験をお話しください。
5失敗体験をお話しください。
6あなたはどんな人だと言われますか?
7自信があることは何でしょうか?
8業務が変わっても対応できますか?
9最も得意なことは何ですか?
10反対に苦手なことは何ですか?
11弊社に提供してくれることは何ですか?
12他に応募している求人はありますか?
135年後どうなっていたいですか?
14今までの仕事の不満点は何ですか?
15転職回数が多いのはなぜですか?
16転勤は大丈夫ですか?
17ブランクがあるようですが?
18内定を出したら入社頂けますか?
19いつ頃入社頂けますか?
20希望年収はいくらぐらいでしょうか?
21何か質問はありますか?

 

まとめ

ビジネスマンにとって、顧客とコミュニケーションをとることは日常茶飯事だったはずです。

その経験を活かせば、面接だからと言って固くなる必要はありません。

リラックスしすぎも良くないですが...

ここでは面接の基本中の基本を取り上げました。

✅面接はどんな流れで進むのか?

✅主な質問にはどんなものがあるか?

もしもあなたが一人で面接対策をやるのが、不安だという場合は転職エージェントを使うことをオススメします。

面接の練習も行ってくれるからです。

エージェントを上手く利用して転職を成功させましょう。


【リクルートエージェント】への登録はこちら


トップへ戻る

この転職エージェントの特徴は求人保有数と質の高さともに優れているということです。優良求人の目安となる非公開求人が90%にも及び、その件数は20万件と他の転職エージェントを寄せつけない強さです。情報量の豊富さからも必ず役に立つ転職エージェントです。

求人に応募する際には口コミ情報収集が欠かせません。キャリコネは代表的な口コミサイトです。口コミ以外では特にリアルな「給与明細」が評判です。私も転職活動中、応募の際には必ずチェックしていました。求人票では本当の月給はわかりません。内定が出る前におおよその相場を知っておくことは大切です。キャリコネではさらに大手転職サイトに掲載されている求人を一括で検索でき、応募も可能です。応募した後は面接レポートも掲載されていますので、面接対策もある程度独力で出来ます。転職エージェントも併用すると鬼に金棒でしょう。

多くの転職エージェントは求人を受注する営業部隊と求職者をサポートするアドバイザー部隊とに分かれています。いわゆる分業制なのですが、この転職エージェントは営業も転職希望者サポートも一人のコンサルタントが行う一気通貫体制をとっています。そのため、求人に関する情報は営業に聞く必要がなく対応もスピーディーです。アドバイザーが求人のことをよく知っているのはとても重要なことです。分業制が良くないというのではありません。両者を比較しながら使うのがおすすめです。

転職サイトと転職エージェントとが一体になっていて、とても使いやすいのがdodaの特徴です。デメリットとしては応募履歴をきちんと管理しておかないといけないということです。転職エージェントはアドバイザー任せですが、転職サイトで応募した求人であればあなた自身が動く必要があるからです。それだけ気をつければ業界第2位の転職エージェントは一度は使ってみましょう。

ここは第二新卒に特化した転職エージェントです。全てが20代向けの求人なので効率的な転職活動をするには最適といえます。マイナビグループならではの企業と太いパイプを生かし、豊富な求人情報も持っています。求人紹介の際には求人票に書かれていない「本当のところ」の情報も提供してくれますので、応募の際に検討すべきことがクリアできると言えます。求人数は少ないですが質で勝負の転職エージェントです。たくさんの求人に応募したい方には向きませんが、良い求人だけに応募したい20代の方にはおすすめの転職エージェントです。

Sponsored Links

ニュースレターを購読する

新規記事投稿のお知らせをいたします。


タイトルとURLをコピーしました