職務経歴書はどのタイミングで作成するのが良いのか?

履歴書・職務経歴書
この記事は約5分で読めます。
Sponsored Links

転職を決意すると、出来るだけ早く職務経歴書を仕上げようとする傾向があります。正しい転職活動とは言えません。どうすればよいのでしょうか?それは...

Sponsored Links

転職活動は事前準備から

転職活動は事前準備から

 

 

転職活動のスケジュールを示しますので、イメージしてみましょう。

最重要ポイントはやはり事前準備です。

 

 

ここで転職が成功するかどうかが決まると言っても良いでしょう。

この事前準備の中に職務経歴書作成も含まれます。

 

 

そのあとは、求人への応募・面接を繰り返します。

この部分は人によって期間が大きく変わります。

 

 

求人数が1件で終わる人もいれば、何十件も応募する人もいます。

事前準備が十分に出来ている場合には、応募する求人件数は少なくて済む傾向があります。

 

 

最後に内定・退職の部分です。

ここは転職ノウハウが必要なので、自分流でやらないことです。

 

 

内定辞退や退職日などのトラブルが多いです。

正しく手順を踏めば、決して難しくはありません。

 

 

要は転職ノウハウを知っているかどうかです。

こうして転職活動全体を見ると、事前準備がしっかりできているかどうかが転職活動を成功させる秘訣であることがおわかりでしょう。

 

 

 

キャリアの棚卸しからとりかかる

キャリアの棚卸しからとりかかる

 

 

事前準備にも正しい手順というものがあります。

前提条件として、転職すべきかどうかという段階はクリアされているとします。

 

 

つまり、退職理由と転職理由が明確になっているということです。

転職理由については、さらに深掘りしていく必要があります。

 

 

そのためにキャリアの棚卸しを行います

一般的には、職務経歴書作成のための前段階という位置付けとされていますが、転職理由も深掘り出来るのです。

 

 

勤務先・職種、職務、実績、自己評価とその理由、変動可能性を在籍した会社ごとに年代順に書いていきます。

そうすると、あなたのキャリア年表が出来上がる訳です。

 

 

特に変動可能性で転職理由が深掘りできます。

上図は大手転職エージェントJAC Recruitmentのオリジナルキャリア棚卸しシートです。

 

 

これはとても良く出来ています。

ぜひ利用することをおすすめします。

 

 

転職することで、変動する項目を職務経歴レベルで深掘りできるようになっています。

満足度の高い項目は転職によりさらに伸ばせるか?、満足度の低い項目は転職により不満を解消できそうか?を各項目で書き出すのです。

 

 

これによって、転職理由が明確になっていきます

 

 

職務経歴書はこのタイミングで作成する

職務経歴書はこのタイミングで作成する

 

 

キャリアの棚卸しが終わった段階で、職務経歴書を作成するのが正しい手順です。

転職を急ぐあまりに、キャリアの棚卸しをしないで転職活動に入ってしまうと、転職理由が深掘り出来ないため、応募のフェーズが長くなってしまいます。

 

 

つまり、転職理由が薄っぺらくなっているんですね。

それでは面接も通過しませんよね。

 

 

さらに転職の方向性がはっきりと決まらないと、応募すべきでない求人にも応募してしまうのです。

時間が経つと、だんだんと転職の方向性がそれてしまい、転職の目的がわからなくなってきます。

 

 

そうならないように、職務経歴書は重要ですが、それよりもキャリアの棚卸しをしっかりと行いましょう。

これは転職ノウハウの最重要項目と言えます。

 

 

キャリアの棚卸しの重要性はあまり取り上げられないので、転職希望者の多くは、職務経歴書作成をすぐに取り掛かろうとするのです。

そうすると、結局は転職が決まるまでの期間がかかってしまいます。

 

 

原因は前述した通りです。

転職理由が明確になっていないまま、求人に応募するためです。

 

 

このように転職活動では転職理由の明確化がキーポイントとなります。

単なる面接対策という意味ではないです。

 

 

職務経歴書作成のタイミングは転職理由が明確になってからがベストです。

転職理由が明確になるのは、キャリアの棚卸しが終わった段階なのです。

 

 

まとめ

まとめ

 

今までのことをまとめます。

 

 

✅退職理由の明確化

✅転職理由を構築

✅キャリアの棚卸し

✅転職理由の深掘り、明確化

✅転職の方向性の明確化

✅職務経歴書の作成

 

 

という手順で職務経歴書は作成しましょう。

「急がば回れ」です!

 

 

上記の手順が結局は近道なのです。

 

 


【おすすめ】初めての転職で登録したい転職エージェント11社を厳選

トップへ戻る

この転職エージェントの特徴は求人保有数と質の高さともに優れているということです。優良求人の目安となる非公開求人が90%にも及び、その件数は20万件と他の転職エージェントを寄せつけない強さです。情報量の豊富さからも必ず役に立つ転職エージェントです。

転職サイトと転職エージェントとが一体になっていて、とても使いやすいのがdodaの特徴です。デメリットとしては応募履歴をきちんと管理しておかないといけないということです。転職エージェントはアドバイザー任せですが、転職サイトで応募した求人であればあなた自身が動く必要があるからです。それだけ気をつければ業界第2位の転職エージェントは一度は使ってみましょう。

多くの転職エージェントは求人を受注する営業部隊と求職者をサポートするアドバイザー部隊とに分かれています。いわゆる分業制なのですが、この転職エージェントは営業も転職希望者サポートも一人のコンサルタントが行う一気通貫体制をとっています。そのため、求人に関する情報は営業に聞く必要がなく対応もスピーディーです。アドバイザーが求人のことをよく知っているのはとても重要なことです。分業制が良くないというのではありません。両者を比較しながら使うのがおすすめです。

高給料・高待遇求人を主に35歳以上のミドル向けに揃えている業界3位の転職エージェントです。求人紹介に至るまでの関門が他の転職エージェントよりも高いのがデメリットですが、逆に言えばここに登録できればハイスペック求人を紹介してもらえるということです。特に外資系求人に強いので、希望条件に合っている方は登録しておきたいところです。

ここは第二新卒に特化した転職エージェントです。全てが20代向けの求人なので効率的な転職活動をするには最適といえます。マイナビグループならではの企業と太いパイプを生かし、豊富な求人情報も持っています。求人紹介の際には求人票に書かれていない「本当のところ」の情報も提供してくれますので、応募の際に検討すべきことがクリアできると言えます。求人数は少ないですが質で勝負の転職エージェントです。たくさんの求人に応募したい方には向きませんが、良い求人だけに応募したい20代の方にはおすすめの転職エージェントです。

マイナビエージェントはマイナビジョブ20'sと同様、20代向けの転職エージェントですが求人数に重きを置いています。エリアに関してもマイナビジョブ20'sよりは広いので、両方を上手く活用すると良いでしょう。マイナビジョブ20'sが求人の質に重点を置いているので、両方を使っていないと良い求人を見逃してしまいます。もちろん最大手のリクルートエージェントやdodaは登録必須です。

レバテックキャリアは代表的なIT特化型転職エージェントです。求人数はさほど多くはありませんが、コンサルタントの能力がとても高いのであなたの保有スキルに相応しい求人を紹介してくれます。特化型エージェントならではの専門性の高いコンサルタントが多数在籍していますので、あなたの専門分野を理解できないなどということはありませんのでご安心ください。

ランスタッドの特長は何といっても「外資系に強い」ということです。しかし求人数はJAC Recruitmentには遠く及びません。外資系を希望する人はJAC Recruitmentとランスタッドの登録はしておいて損はありません。またここのコンサルタントはとてもドライですので、内定辞退をしたとしても特にとがめられることはないでしょう。

ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズは英語を使う求人に特化した転職エージェントです。外資系はもちろんのこと日系でもグローバル企業では英語を使って働くことができます。英語力に自信があり、その能力を活かした転職をしたい方には相応しい転職エージェントです。

第二新卒限定の戦略コンサル養成所です。企業はさまざまな経営課題を抱えています。第三者的な観点から経営者に提案をする仕事が戦略コンサルです。年収は1,000万円を軽く超えますし、経営者と直接コミュニケーションが取れる点でもやりがいがありますよね。ただし戦略コンサルになるためには難関の面接を突破しなければいけません。戦略コンサルに特化した転職エージェントを使う方法もありますが、STRATEGY:BOOTCAMPではマンツーマンの講義が行われるため、有料ではありますが結局は戦略コンサルへの近道と言えます。

Sponsored Links
タイトルとURLをコピーしました