【相談無料】第二新卒限定、戦略コンサルになりたいならこれを読め!

第二新卒
この記事は約11分で読めます。

第二新卒の方は転職の際にキャリアを問われることはあまりありません。社会人経験が3年程度と短いことがその理由です。そうすると多くの求人では新卒とほぼ同等の年収になってしまうのも事実です。もしも数千万クラスの年収がもらえる求人・企業に転職することが可能だとしたら、あなたに挑戦する気持ちはありますか?たとえそれがとても困難なことだとしても。今回の記事はあくまでそれに挑戦したいと考える方限定のものです。

【相談無料】第二新卒限定、戦略コンサルになりたいならこれを読め!

【相談無料】第二新卒限定、戦略コンサルになりたいならこれを読め!

 

まずはどんな企業であれ問題を抱えている話をします。

 

私はエンジニア出身なので話題はどうしても製造業の話になってしまうのですが。

どの業種でも同じことだと思います。

多分。

 

 

70年代〜80年代後半にかけて日本のメーカーはジャパン・アズ・ナンバーワンとして輝いていました。

特に電機メーカーや半導体メーカーはすごかったですね。

 

 

しかし今、日本の企業にそのような力はありません。

見る影もありません。

欧米はもちろん中国や韓国にも負けています。

中国が日本の技術を必死で盗んでいたのは今は昔の話です。

 

 

なぜ日本のメーカーは技術でも安さでも負けてしまってしまったのでしょうか?

本当のトコロは誰にもわかりません。

 

 

おそらく、、、「改革」が日本人は好きではないからではないでしょうか?

現状維持が心地よいんですよね。きっと。

日本人として良くわかる気がします。

これがまずかったんですかね。

 

今の日本の企業はユーザーのニーズがつかめていないのではないでしょうか?

例えばテレビで考えてみましょう。

 

 

昔は高品質のカラーテレビを作っていれば売れたかもしれません。

でも今は多くのユーザーは高画質のテレビを欲しがっているでしょうか?

 

 

そもそもテレビなんてなくてもほとんどの方は困らない世の中です。

 

 

スマホで全て済みますから。

テレビだってスマホで見れば事足りるんです。

 

 

そうなると画質なんてどうでもいいんですよね。

テレビなんて安ければ安いほど良いとユーザは思ってるんじゃないかな?

ユーザの一人としてはそう思う訳です。

 

 

テレビ1つとってみても日本はお客さんの要望に応えていませんよね。

というかニーズをつかめていませんよね。

 

 

 

日本のメーカーはそもそもマーケティングしてないんですから。

売れるものをリサーチするという大事なことを殆どの日本のメーカーは忘れているような気がします。

 

 

エンジニアはスペックばかり気にしているんですが、それは仕事ですから仕方のないこと。

そこは経営者が軌道修正すべきです。

 

 

このようにメーカーに限らず企業って課題だらけです。

企業によって温度差はもちろんあります。

自動車メーカーは一番シビアに現状をとらえているでしょう。

 

 

技術的課題も経営戦略の問題だと思いますよ。

一部上場企業であれ、利益率の高い企業であれ、中小企業はもちろんのこと、各企業それぞれに課題があります。

 

 

事業についての課題は全てが経営問題に帰結します。

少なくとも私はそう思います。

 

 

GoogleやApple、そしてFacebook、Amazonが今の地位を得ているのはその経営戦略にあります。

MicrosoftにGoogleが現状で頭一つ抜きんでているのも戦略が優れているからです。

勝つためのシナリオを実行したんですね。

 

 

売れるものをあらかじめリサーチし開発するのはシンプルであるが故にとても難しいことです。

しかし彼らも彼らなりに成功していても経営課題をかかえています。

 

 

それは主に5G時代に向けての経営戦略でしょう。

イノベーションを生み出すための。

 

 

イノベーションを生み出すためには、既存製品の改善だけをしていたのではダメです。

なので結構厳しいのではと推測します。

 

 

どんな企業にも悩みはあり、それは尽きることがありません。

 

 

シンプルに分類すれば企業にとっての経営課題は以下の2種類です。

 

  • 今抱えている経営上の課題
  • 今後の戦略で抱えている経営上の課題

 

 

果たしてこれらは社内だけの人員で解決できる問題なのでしょうか?

影武者ならぬお助けマンが必要ではないでしょうか?

 

 

 

戦略コンサルはこんな仕事です

戦略コンサルはこんな仕事です

 

 

 

これらの多くの企業が抱えている経営上の課題を解決するために戦略コンサルがいます。

何事を成し遂げるにも戦略と戦術が必要です。

 

 

目標を達成するためのシナリオを【戦略】と呼び、戦術はその具体的手段、計画を言います。

これは一般的に言われていることです。

 

 

経営においては言うまでもなく戦略が重要です。

戦略コンサルは企業の経営層から事業計画や新規授業などの相談を受け、それに対して解決型提案をする仕事です。

 

 

私は以前在籍していた会社でコンサル的な仕事をしていたのでわかるのですが、様々な部署とネゴをしたりする地道な面も多いです。

派手なことばかりではありませんでした。

 

戦略コンサルでは論理的思考をベースとして、以下のことが大事です。

 

  • 現状把握
  • 分析
  • 課題抽出
  • 解決策の提案
  • 実行
  • 検証

 

 

顧客は企業の経営層を相手にすることが多く、やりがいのある仕事です。

新卒で普通に入社したらまだ上司に意見するなんて考えられない年齢ですよね?

 

 

例えあなたが非効率だと感じたとしてもです。

自らがそれを提案する勇気は20代では難しいかもしれません。

 

 

それに比べると戦略コンサルはあなたとほぼ同年代の人々があなたの会社の経営陣に堂々と提案できる職業なんです。

当然ながら年収も1000万円以上です。

それだけ価値のある仕事をしているからです。

 

 

もしも戦略コンサルに少しでも興味があるのでしたら、挑戦してみてはいかがでしょう?

一度きりの人生ですから。

 

やらずに後悔するよりは、やって後悔しませんか?

 

 

どうすれば戦略コンサルになれるのか?

どうすれば戦略コンサルになれるのか?

 

それでは戦略コンサルになる方法にはどんな方法があるのでしょうか?

情報化社会の現代では「情報弱者」が致命的となります。

 

確かに頭の良さも大事ですが、それよりも情報収集力と洞察力。

戦略コンサルでは特に抜きん出ている必要があります。

 

直接応募

 

 

戦略コンサルに限らず、おすすめできない方法です。

労力の割には見返りがなく、非効率だからです。

この業界の面接は特殊です。

あなた一人で面接突破できるならいいですが、コスパに見合わない転職方法ですね。

 

 

特化型転職エージェント

 

 

コンサルに特化した転職エージェントを使う方法です。

これについては直接応募よりはずっと良いと思います。

 

 

ここでもネックになるのは面接です。

全て無料で転職支援してくれる転職エージェントの場合はあなた一人にかける時間に限りがあります。

 

 

コンサルティング業界への転職は100倍以上の競争率と言われていますので、この方法をとるのでしたら実績のない転職エージェントは避けるべきです。

コンサル業界への転職で比較的評価の高い転職エージェントは以下です。

 

 


JAC Recruitment
ランスタッド

 

上記は業界通のコンサルタントが数多く在籍していることで有名です。

ここを使えばあとはあなたの努力次第で何とかなるかもしれません。

これもコスパで考えましょう。

 

あなたが転職にかける工数、つまりコストに見合うかどうかです。

一般的な転職と違いコンサル業界への転職では面接対策がとても難しいです。

 

転職エージェントを使ってみて、難しいなと感じたら撤退する勇気も大事です。

コンサルスキル養成所に通うような別な方法もありますので。

 

間違った方法で準備すると単なる時間の浪費となることを忘れないようにしましょう。

 

 

戦略コンサルスキル養成所がおすすめ

 

 

先ほど書いた転職方法に比べ、確実な方法があります。

戦略コンサルへの転職で最も重要で難しいのは面接です。

 

 

それを講義と面談の両面から徹底的なサポートをしてくれるのがSTRATEGY:BOOTCAMPです。

スタッフは全て元外資系戦略ファームコンサルタントですので、面接対策の仕方を具体的に指導出来ます。

転職エージェントにありがちな的外れなアドバイスはありません。

 

 

Resolve&Capitalの社長と直接お話しさせて頂きましたが、とても気さくな方で話しやすくコミュ力抜群でしたね。

講師もやっているそうなので、あの社長の指導に従えば間違いなく戦略コンサルになれると思います。

 

 

STRATEGY:BOOTCAMPのコンテンツで今まで担当した生徒は全て内定(見込みも含む)しているそうです。

 

 

24歳以上、関関同立、MARCH以上の学歴の方であれば一層おすすめできるコンテンツです。

戦略コンサルになるためにはやはりある程度のポテンシャルが必要であるからです。

 

 

それをクリアしていて、興味のある方であればまずは相談してみてはいかがでしょうか?

 


STRATEGY:BOOTCAMP

 

 

まとめ

まとめ

 

 

  • どんな企業でも経営上の課題を持っている
  • 経営課題を解決するために戦略コンサルが存在する
  • 戦略コンサルになるためには元戦略コンサルがスタッフのSTRATEGY:BOOTCAMPを使うのが近道

 

 

戦略コンサルになるためには直接応募であなた一人の実力で面接突破できるでしょうか?

転職エージェントを使えば、面接突破できるでしょうか?

 

STRATEGY:BOOTCAMPがベストな方法なのは明らかです。

 

それでも迷いがありますか?

なぜ迷っているのでしょうか?

情報弱者にはならないでください。

 

 

成功する人は見る前に飛べる人です。

すぐに行動に移せる人です。

 

 

戦略コンサルは言うまでもなく行動力が必要です。

あなたは行動力はあると思っていますか?

 

 

迷っているのでしたら悪い癖ですよ。

行動力のある人は迷いません。

 

 

それでも迷っているのであれば無料カウンセリングで相談してみましょう

無料カウンセリングを受けるのも迷いますか?

 

 

あなたは戦略コンサルになりたいんですよね?

誰でもなれるわけではありませんよ。

 

 

カウンセリングであなたの未来を相談できないなら諦めたほうがよいです。

もしくはあなた一人で内定を勝ち取ってください。

 

 

このコンテンツは未来永劫あるわけではありません。

一分を無駄に生きてはいけません。

 

 

迷っているんなら相談だけでもしてみましょう。

それであなたの不安が解消されるかもしれません。

 

 

話を聞いてみて納得できなければ生徒になる必要はもちろんありません。

ただし断る勇気もない人は無料カウンセリングには参加しないほうがいいでしょう。

 

 

それに戦略コンサルではなく別な道を探した方が良いと思います。

情報弱者にならないようにくれぐれも気をつけてください。

 

STRATEGY:BOOTCAMPのコンテンツは以下のリンクに詳しく書かれています。

本記事ではコンテンツ詳細を書いていないのはそちらを読んで頂いた方が良いと判断したからです。

 

 

どちらにするか決心はつきましたか?

 

 

 

無料カウンセリングに相談する方は以下のリンクをクリックして右上の「無料カウンセリング」を押下し、個人情報を入力後「申し込む」ボタンを押下してください。

 

 


STRATEGY:BOOTCAMP

 

トップへ戻る

この転職エージェントの特徴は求人保有数と質の高さともに優れているということです。優良求人の目安となる非公開求人が90%にも及び、その件数は20万件と他の転職エージェントを寄せつけない強さです。情報量の豊富さからも必ず役に立つ転職エージェントです。

転職サイトと転職エージェントとが一体になっていて、とても使いやすいのがdodaの特徴です。デメリットとしては応募履歴をきちんと管理しておかないといけないということです。転職エージェントはアドバイザー任せですが、転職サイトで応募した求人であればあなた自身が動く必要があるからです。それだけ気をつければ業界第2位の転職エージェントは一度は使ってみましょう。

多くの転職エージェントは求人を受注する営業部隊と求職者をサポートするアドバイザー部隊とに分かれています。いわゆる分業制なのですが、この転職エージェントは営業も転職希望者サポートも一人のコンサルタントが行う一気通貫体制をとっています。そのため、求人に関する情報は営業に聞く必要がなく対応もスピーディーです。アドバイザーが求人のことをよく知っているのはとても重要なことです。分業制が良くないというのではありません。両者を比較しながら使うのがおすすめです。

高給料・高待遇求人を主に35歳以上のミドル向けに揃えている業界3位の転職エージェントです。求人紹介に至るまでの関門が他の転職エージェントよりも高いのがデメリットですが、逆に言えばここに登録できればハイスペック求人を紹介してもらえるということです。特に外資系求人に強いので、希望条件に合っている方は登録しておきたいところです。

ここは第二新卒に特化した転職エージェントです。全てが20代向けの求人なので効率的な転職活動をするには最適といえます。マイナビグループならではの企業と太いパイプを生かし、豊富な求人情報も持っています。求人紹介の際には求人票に書かれていない「本当のところ」の情報も提供してくれますので、応募の際に検討すべきことがクリアできると言えます。求人数は少ないですが質で勝負の転職エージェントです。たくさんの求人に応募したい方には向きませんが、良い求人だけに応募したい20代の方にはおすすめの転職エージェントです。

マイナビエージェントはマイナビジョブ20'sと同様、20代向けの転職エージェントですが求人数に重きを置いています。エリアに関してもマイナビジョブ20'sよりは広いので、両方を上手く活用すると良いでしょう。マイナビジョブ20'sが求人の質に重点を置いているので、両方を使っていないと良い求人を見逃してしまいます。もちろん最大手のリクルートエージェントやdodaは登録必須です。

レバテックキャリアは代表的なIT特化型転職エージェントです。求人数はさほど多くはありませんが、コンサルタントの能力がとても高いのであなたの保有スキルに相応しい求人を紹介してくれます。特化型エージェントならではの専門性の高いコンサルタントが多数在籍していますので、あなたの専門分野を理解できないなどということはありませんのでご安心ください。

ワークポートは求人を幅広く扱う総合型転職エージェントですが、もともとはIT特化型転職エージェントでした。ですのでIT系求人にはめっぽう強いことが特徴です。この転職エージェントは未経験分野の業種・職種にキャリアチェンジもサポートしており、主にIT系で成果が出ています。最初はプログラマーから始めるのが王道ですので、まずはプログラミングスクールで学んでからのキャリアパスとなることが多いようです。

東京・神奈川・埼玉・千葉の1都3県のエリア限定の転職エージェントです。エリアがネックになりますが、コンサルタントの転職支援にはとても定評があります。大手の場合はコンサルタントは100人程度を担当することになるので、一人にさくサポート時間はどうしても短くなってしまいます。type転職エージェントは中堅どころの規模ですから、丁寧なアドバイスが可能なのです。転職ノウハウの吸収にはぜひとも利用したい転職エージェントです。

ランスタッドの特長は何といっても「外資系に強い」ということです。しかし求人数はJAC Recruitmentには遠く及びません。外資系を希望する人はJAC Recruitmentとランスタッドの登録はしておいて損はありません。またここのコンサルタントはとてもドライですので、内定辞退をしたとしても特にとがめられることはないでしょう。

ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズは英語を使う求人に特化した転職エージェントです。外資系はもちろんのこと日系でもグローバル企業では英語を使って働くことができます。英語力に自信があり、その能力を活かした転職をしたい方には相応しい転職エージェントです。

求人に応募する際には口コミ情報収集が欠かせません。キャリコネは代表的な口コミサイトです。口コミ以外では特にリアルな「給与明細」が評判です。私も転職活動中、応募の際には必ずチェックしていました。求人票では本当の月給はわかりません。内定が出る前におおよその相場を知っておくことは大切です。キャリコネではさらに大手転職サイトに掲載されている求人を一括で検索でき、応募も可能です。応募した後は面接レポートも掲載されていますので、面接対策もある程度独力で出来ます。転職エージェントも併用すると鬼に金棒でしょう。

ニュースレターを購読する

新規記事投稿のお知らせをいたします。

タイトルとURLをコピーしました